【自宅練習】おすすめのスライドボード3選!【スピードスケート選手向け】

スケート

スピードスケートの直線技術練習において欠かせないスライドボードですが、種類が多くて何を買えばいいかわからないという方が意外と多いようです。

この記事では、そんな方にむけてスピードスケート選手におすすめのスライドボードを4つ、紹介していきたいと思います。

自宅練習に力を入れたい方、より実践的な陸上練習をしたい方は必見です!

おすすめのスライドボード3選

おすすめのスライドボードを、目的別で3つまとめてみました。

  1. 強度重視なら
  2. 長いのがいいなら
  3. 安さ重視なら

それぞれ見ていきましょう!

強度重視なら

アメリカでは毎年8万人以上が購入しているオブシディアン製のスライドボード。

他社スライドボードのようなシートタイプではなく、しっかり硬いボードタイプです。

シートだと破れるか心配、また、実際に破れてしまった経験がある方には、こちらのボードタイプのスライドボードがおすすめでしょう。

長さは180cmと、直線練習の際には問題ないほどの長さがあります。

価格は2020年5月現在Amazonで税込9,980円で、売り切れ間近のようですので購入は早めのほうがいいかもしれません。

長いのがいいなら

LINDSPORTS製のスライドボードの長さは、独自調査した中では最長の245cmです。

身長が高い方、またレベルの高い方にとっては、長さがあったほうが一歩のパワーを強くしやすいと思いますので、こちらがおすすめです。

価格は2020年5月現在、Amazonで税込7941円です。

安さ重視なら

少しでも費用を抑えたい、とりあえず欲しい、という方はこちらのスライドボードが独自調査した中では最安値で、価格はAmazonで税込4980円です。

長さは180cmと練習には申し分なく、シューズカバーも付属しているのですぐに練習を始められます。

収納バッグもあるので、遠征などでは重宝しますね。

合わせて揃えておきたいトレーニンググッズ

バランスディスク

体幹トレーニングとしてよく利用されるバランスディスクは、海外の有名な選手たちにも多く使われています。

バランスディスクの上で片足屈伸をすれば、筋力と体幹が同時に身に付けられるので非常に効率的です。

日常的に運動できるグッズ

日々のトレーニング以上に、トレーニング頻度を増やしたいという熱心な方には、座ったまま無意識レベルに運動できるグッズがおすすめです。

以下の記事で紹介していますので、合わせて読んでみてください。

座ったまま無意識レベルに運動できるグッズ3選【在宅勤務におすすめ】
在宅勤務をしているとどうしても運動する機会が減って、体の健康に不安を感じる人は多いのではないでしょうか?とはいえ毎日定期的に運動しようとするのも、なかなか続かず結局やらなくなっちゃうんですよね。ということでここではそんな在宅勤務の人向けに、座ったまま無意識レベルで運動することができるグッズを3つ、紹介していきたいと思います。

まとめ

以上がスピードスケート選手向けのスライドボードの紹介でした!

これを機に、ぜひ自宅練習を本格化させてみてください!

タイトルとURLをコピーしました