ココナラを実際に使ってみた感想とそのメリットデメリット

ココナラ在宅・ビジネス

最近CMでも話題になったココナラですが、このような疑問を抱えている方は多いと思います。

「本当に稼げるのか?」
「メリットやデメリットを知りたい」
「実際に使ってみた人の声が聞きたい」

そこで、僕が実際にココナラを使ってみた感想と、感じたメリットとデメリットについて紹介していこうと思い記事にしました。

僕は「出品者」と「依頼主」の両方を利用しましたので、それぞれの方面から見た内容をまとめていきます。

ココナラの全体的な評価は星4.5/星5個中

ココナラ公式サイト

ココナラはサービス自体が非常に画期的なもので、

個人で活動したい人 と コストを抑えるために個人に依頼したい人 がWin-Winになれる

というとても便利なプラットフォームであると言えます。

出品者は基本的には個人で活動している人のため、各サービスに個性があふれており、個人的に依頼してみたいサービスもたくさんありました。

カテゴリも細かく分かれており、新規参入者が検索結果に埋もれてしまうということも少ない印象でした。

星が0.5少ない理由

かならずしもメリットだけと言うわけでもありません。

競合率の激しいジャンルは実績や経験がある人で埋まってしまう

というところで不満を感じたことです。

当然と言えば当然ですが、新規参入者が依頼をもらいやすいシステムになってくれたらいいなーなんて感じました。

「出品者」としての評価は星4.5

以下、実際に自分のサービスを出品し、購入されるまでの一連の流れでわかったことです。

【出品者になった感想】

①意外と依頼主が多い

②サービスによっては全く依頼が来ない

③依頼がきやすいサービスは「具体的でひとつの分野に特化

④やり方次第では大きく稼ぐことも

⑤依頼を待つだけでなく自ら仕事を見つけることもできる

⑥超ごく稀にめんどくさい依頼主がいる

それぞれ紹介していきますね。

①依頼主が意外と多い

ココナラ以外のいわゆるクラウドソーシング系のサービスって、なかなか依頼が来なくて悩むことが多いんですよね。

その点ココナラは依頼主の数が意外と多く、サービス内容がちゃんとしていれば、依頼が来ないということはまずありません

②サービスによっては全く依頼が来ない

依頼主が多いとは言え、説明文がよくわからない内容だったり、信憑性に欠けるなど、

依頼主から見て頼みづらいサービスは全く稼げません。

これがなかなか難しく、文章だけではなくアイキャッチ画像を自分で編集してわかりやすくしたり、金額の設定を細かくしたりするなど、ある程度の工夫が必要となります。

③依頼がきやすいサービスは「具体的でひとつの分野に特化」

依頼が来ない理由のひとつに、

サービス内容を具体的かつ分野をしっかりと絞らないと依頼がこない

ということもあります。

しかし、具体的でひとつの分野に特化したサービスは、依頼数がかなり伸びます

僕の元へ依頼が多く来たサービスは、

・WEB言語に関する使い方などの記事を書きます

・ExcelVBAで業務効率化ツール作成いたします

このようなサービスでした。

これらは、

WEB言語(道具) & 初心者向け(ターゲット) & 記事(最終的に渡すもの)

ExcelVBA(道具) & 業務効率化(ターゲット) & ツール(最終的に渡すもの)

という具体的なジャンルで構成されていたため、依頼が多かったのではないかと思います。

④やり方次第では大きく稼ぐことも

他の出品者の内容をみる限りですが、例えば下記のようなサービスは非常に大きく稼いでる印象にありました。

・アイコン画像書きます      価格5,000円〜20,000円   →工数が少ないので効率よく稼げる

・WEBアプリケーション作成します 価格100,000円〜300,000円 →1回でガッツリ稼げる

・プライベートの相談乗ります   価格2,000円〜10,000円   →人気となれば依頼数が殺到する

もちろんやり方次第ですが、工数をしっかり計算して金額を設定すれば月数十万は硬いです。

⑤依頼を待つだけでなく提案することもできる

ココナラには「公開依頼」というものがあります。

これは、

依頼主が不特定多数の人に向けて、悩んでることを相談する

というものがあり、出品者はその相談に見積もりという形で、サービスを提供することもできます。

特にココナラを始めたばかりの人が実績を作るときには、

公開依頼から困っている人を探してみる

というのはかなり有効な手段です。

⑥超ごく稀にめんどくさい依頼主がいる

BtoB(法人間のやりとり)ではないので、どうしても失礼な対応をする輩も出てきています。

・サービス内容とは違う依頼をしてくる

・あり得ない価格で見積もり依頼をしてくる

・言葉遣いがちゃんとしてない人も

こういった依頼主はできるだけ断るのが身のためだと感じましたね。

あくまでごく一部の話なので、9割5分の依頼主は何ら問題なく丁寧に対応してくれました。

結局はやり方次第

サービス内容の具体性やわかりやすい表記などを心がければ、必ずと言っていいほど依頼がきます

自分の個性をアピールできる環境だなと感じたので、僕個人は今後も利用していくつもりです。

「依頼主」としての評価はMAX星5

数回依頼しましたが、結論から言って何の不満もありませんでした

依頼主視点の感想

僕は記事の執筆を複数依頼しました。

感想はこんな感じです。

・みんな対応が丁寧

・納品物がプロ同様

価格設定が幅広いので、依頼内容に合ったサービスを探せる

それぞれ長期的に依頼したいと感じるほど、クオリティもコストも満足です。

期間なども細かく調整することができますし、価格設定もお互いが了承するまでちゃんと話し合うことができます。

依頼した方がたまたま優秀な方だった可能性もなくはないですが、ココナラ自体で身分証を提出するなどセキュリティ面がしっかりしているのもあり、安心して利用できました。

かわいいイラスト制作や相談サービスも充実しているので、個人的に利用するのもありですね。

ココナラを利用するメリットとデメリット【出品者編】

これまでは個人的な感想でしたが、次は自分の経験を踏まえた

客観的にみたメリットとデメリット

を解説していこうと思います。

ということで出品者編です。

【メリット】

・いろんな技術や能力を個人で販売できる

・価格設定などが自由に決められるので、大きく稼ぐことも可能

・依頼が来ないと困ることが少ない

・空いた時間に業務に取り掛かれるので、時間の自由度が高い

【デメリット】

・サービス内容が曖昧だったりすると全く依頼が来ない

・非常識な依頼主が来ないかちょっと不安

柔軟な働き方ができるという点では、ココナラは非常に画期的なサービスであると言えるでしょう。

しかし活動経験が浅い人やサービス内容が曖昧な場合には、依頼が来なくて悩むことや不満に思うことも多々ありそうです。

ココナラ(出品者)が向いてる人

・個人事業主/フリーランス

・副業で稼ぎたい人

・個人で実績を作りたい人

個の力を発揮できるのがココナラのいちばんの魅力なので、上記に当てはまる人はぜひ一度検討してみてください。

ココナラを利用するメリットデメリット【依頼主編】

今度は依頼主側のメリットデメリットです。

【メリット】

・BtoBに比べ格安で依頼できる

・個人とは言えセキュリティ面にも心配ない

・サービスのジャンルが事細かく分けられており、依頼したい内容にあったサービスが見つかる

【デメリット】

・成果物のクオリティについて保証されるわけではないので、各ユーザーの調査はした方がいい

個人ということもあり、クオリティが期待できない部分はあるかと思うので、予め下調べをする必要はあるでしょう。

しかしそれ以外で言えばメリットしかないので、利用しない手はないですね。

ココナラ(依頼主)が向いてる人

・費用を抑えて成果物を依頼したい

・困っていることを解決したい

・面白そうなサービスを個人的に依頼してみたい

依頼主はいろんなタイプの人に向いているサービスと言えます。

中にはちょっと変わった面白いサービスなんかもあるので、楽しむ目的で利用してみるのもありですね。

まとめ

以上が、僕が実際にココナラを利用して感じたことと、それを踏まえたメリットとデメリットでした。

個の力が重要となるこれからの時代、ココナラで実績を作れれば先々何かしらのチャンスを掴むこともできるかもしれません。

出品にお金がかかることもないので、迷っているならとりあえず登録だけして、他の出品者のサービスを覗いてみるなんてのもありですね。

ココナラ公式サイト
タイトルとURLをコピーしました