面接で「緊張してますか?」と聞かれる理由と正しい回答方法

在宅・ビジネス

なんでわざわざ緊張してるかどうか聞いてくるんや・・・

こう思ったことがある人は少なくないはず。

実はそれには理由があります。

ということで、その理由と正しい回答方法について解説していきたいと思います。

そもそもなぜ緊張してるか聞くのか

緊張の有無を問うのは、

緊張を和らげる目的

であることがほとんどです。

人は自分の感情を閉ざしていると、その感情がさらに悪化してしまう傾向にあります。

そのため、緊張していることを吐かせることで逆に緊張を和らげることができるのです。

緊張を解くことができれば応募者はより本音で話すことができますし、

面接官としても応募者の素を見ることができるので、緊張を解くことは結構大事なのです。

つまり正直に「緊張してます」と答えるのが一番

もし

「いや全然緊張せんわ」

ということなら、正直にそのまま伝えてもだいじょうぶです。

要は正直な気持ちを吐くということが、緊張を解く上で大事なのです。

また、正直な気持ちを伝えることは好印象を与えることにも繋がるので、実践して損は間違いなくないですね。

緊張することは決して悪いことではない

面接で緊張しない人は99%存在しません。

どれだけ自分に自信がある人でも、面接を何回もしてる人でも、はたまた面接官でも必ず緊張します

「みんな緊張する行事なんだから緊張して当然だわ」

っていう考え方で面接に挑めば楽な気持ちで受け答えをすることができるので、ぜひ実践してみてください!

タイトルとURLをコピーしました