スピードスケート選手が姿勢を低くする理由とは?

スケート

アイキャッチ引用元

スピードスケートではどの選手も姿勢を低くして滑っていますが、その理由とは一体どのようなものか。

実は、姿勢を低くして滑ることにはちゃんと意味があります。

解説します。

スピードスケート選手の姿勢が低い理由とは?

結論からいうと、その方が速く滑れるからです。

以下の2つが主な理由です。

・風の抵抗をなくすため
・1回の蹴りでより強く長く蹴るため

それぞれ見ていきましょう。

風の抵抗をなくすため

スケートで減速する理由は、氷とブレードの摩擦によるものと風の抵抗によるもの。

しかしその割合は、摩擦による減速が30%、風の抵抗によるものが70%

この数字はとても大きく、0.1秒を争うスピードスケートにおいて絶対に無視はできません。

そのため、姿勢を低くして風の抵抗を軽減しているのです。

1回の蹴りでより強く長く蹴るため

これは姿勢を低くというよりかは、膝を曲げていることに意味があります。

膝を伸ばして蹴るのと膝を曲げて蹴るのでは、1回の蹴り幅は当然後者の方が上になります。

また、膝を曲げていることで足にしっかりと体のパワーを乗せることができ、バネのような要領で蹴ることができます。

姿勢を低くすることのデメリット

確かに姿勢が低いと速く滑れるのですが、デメリットもあります。

それは、体力の消耗が激しくなること。

中腰の状態で何秒か維持してみるとわかるのですが、実はこれめちゃくちゃきついんです。

長距離となると余計に体力が消耗されるため、必ずしも低くなければということでもありません。

しかし、低くした方が当然速く滑れるので、少しでも長く姿勢を維持できるよう、選手は日々トレーニングをしているのです。

速く滑るためには相当なトレーニングが必要

スピードスケート選手の太ももを見てみるとわかるように、彼らはものすごいきついトレーニングを積んでいます。

姿勢の低さには努力の成果が現れてると言っても過言ではありません。

そういった視点で観戦をしてみると、また違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました