【コーナーで差をつけろ!】スケートの滑り方【中級者編】

スケート

スケート初心者編はもう大丈夫そうですか?→【もう怖くない】スケートの滑り方【初心者編】

まあおそらくここにきたあなたはある程度スケートができる方であると思います。

ここでは、スケート初心者卒業したい!と向上心が素晴らしいあなたに、

「あ、この人はスケートができる人だ」

と思わせることができるような滑り方やコツについて、わかりやすく解説していきます!

ちょっと難しいスケートの滑り方

ある程度スケートが滑れるあなたが、なぜ初心者に見えるのでしょうか?

理由は二つあり、初心者っぽい滑り方シンプルに技術不足です。

それぞれ目的が違うので滑り方編と技術編に分けていきます。

滑り方編

滑り方は単純に見栄えです。

体全体で頑張ってバランスを取ろうとしていたら、初心者っぽく見えてしまいます。

そこでまずは、上半身の力を抜いて滑るというのを解説します。

上半身の力を抜いて楽にする

肩や腕の力を抜いて、楽に滑ってみましょう。

コツは、体の重心が下方向にストンと落ちる感じ、と言ったらいいでしょうか。

初心者はバランスを保とうと、どうしても肩や腕に力が入ってしまいます。

なので、上半身の力を抜いて楽に滑ることができれば、それだけでうまい人っぽく魅せることができます。

で、実はこれはうまく魅せるだけではなく上達にも繋がるのでかなり重要だったりします。

一歩で長く滑る

最初は1、2、1、2、と早いテンポで滑っていたかと思います。

それを、1〜、2〜、1〜、2〜、とワンテンポ遅くする感じで滑ってみてください。

はいもうそれだけでうまく見えます。

さっき紹介した上半身の力を抜くことができていれば、これは意外と簡単です。

少しずつ一歩の長さを伸ばしていけば、中級者どころか上級者なんじゃねえかって思わせることもできるので、練習して損なしです。

で、さらにうまく魅せるためには技術を取り入れる必要がでてきます。

技術編

滑り方編は既にできる技術の延長線ですが、技術編は新しい滑り方を取り入れるので必然的に難易度が上がります。

そして、その必要な技術はたったひとつです。

そのたったひとつの技術がなかなかくせものなんです・・・。

クロス

おそらく、実際のスケートリンクで足をクロスさせて滑っている人を見たことがあるはずです。

クロスはコーナーで曲がりやすくなるだけでなく、より効率的に加速することができます。

スケートリンクは反時計回りなので、右足を上げて左足の外側にクロスさせましょう。

【コーナーで差をつけろ!クロスの練習方法】
①陸上でイメトレ
②氷上で壁につかまって練習
③実践練習

①陸上でイメトレ

まずは陸上で足をクロスさせる動作をしてみてください。

陸上練習のポイントは、クロスしているときの左足はめちゃめちゃ不安定であると想定すること。

そしたらクロスを繰り返して横に進んでいきましょう。

②氷上で壁につかまって練習

イメトレができたら実践なんですが、ほんとに氷上でできるのか試す必要があります。

自分の左側に壁が来るように立って壁につかまり、その場でクロスしてみましょう。

当たり前ですが始めはバランスが取れずなかなかうまくいきません。

でも壁につかまってるので転びそうになっても大丈夫です、安心して練習してください。

③実践練習

なんとなくわかってきたら実際にコーナーでやってみましょう。

ポイントは、左足の膝を若干曲げてしっかりと耐えること。

スピードは遅くても大丈夫です。

あとは繰り返すだけですね。

どうしてもクロスができない場合

足を完全にクロスさせて滑ることは、確かに難易度が高いです。

そんな時は、足をクロスさせる手前ぐらいの位置に右足をおきます。

まずはこの動作に慣れてみてください。

これができたらクロスは割とスムーズにできると思います。

ただ恐怖心があるとどうしてもうまくいかなかったりするので、陸上練習や壁につかまっての練習で自身をつけることが大事です。

滑り方とクロスで脱初心者!!

これがマスターできればもうあなたは初心者ではありません。

しっかりスケーターです。

友達から注目を浴びるのもよし、気になる人や恋人に「素敵!」と思わせるもよしです。

難易度は若干上がりますが、ぜひ習得してほしいですね。

おまけ

初心者編と中級者編があるなら上級者編もあると思われてしまいそうですが、上級者編はありません。

っていうのも中級者編ができるようになったなら、次はもう競技として技術を習得していくしかないからです。

つまり、フィギュアスケート・アイスホッケー・スピードスケート・ショートトラックのどれをやりたいか?ということです。

もしさらに上達をしたいのであれば、どれをやりたいかを決めてそのクラブチームに参加するのがいちばんの上達方法です。

競技としてスケートを始めることになると思いますが、中級者編をクリアできるほどの実力があるならかなりセンスあるので、始めてみてもいいと思います。

各競技の技術に関しては今後更新していくので、気が向いたら本サイトを随時チェックしみてください。

タイトルとURLをコピーしました