【さくっと確認】初心者のためのスケート持ち物リスト

スケート

初心者がスケートに行く時の持ち物リストを作成しました。

ちょうさくっと確認したい人向けのリストと、こんなものがおすすめだよっていう補足もまとめてます!

これさえあれば困らないのでしっかり確認していきましょう。

スケートの持ち物

さくっと確認したい人のリストはこれです。

【さくっと確認したい人向けリスト】

①コート、ジャケット
スケートリンクの室温は通年0度〜10度と寒いです。夏でも忘れないように!

②インナー、ヒートテック

コートと同じく、寒いのでスケートリンクで着替えるように持っていくか、着ていきましょう!

③転んで濡れても大丈夫そうなズボン

スケートリンクは氷なので転ぶと濡れます。ズボンは濡れても透けない服や速乾性のある服で対策必須です。

④手袋

手袋の着用はスケートリンクのルールです。忘れてもスケートリンクで購入できます。

⑤お金(滑走料&貸し靴料)

スケート靴を持っていない人は貸し靴料があることを忘れないでください。

もう少し情報欲しいよ!って人のために補足で解説していきます。

①コート、ジャケット

丈の長いコートや綿など水分を吸収しやすいアウターは避けた方がいいですね。

どうしてもオシャレしたい方は好きな服でも一応大丈夫です。

ただちょっと服装変えるだけで滑りやすかったり、転んだ時にビショビショになって不快な思いをしなくて済むのでできれば対策していきたいところ。

おすすめはブルゾンやダウンなど、↓こんな感じのアウター

利便性最重視であればウィンドブレーカーやジャージが最強です。

②インナー&ヒートテック

スケートリンクの室温は0度〜10度と言いましたが、滑ってる人は氷の上にいるので体感温度はもう少し下がります。

なので、インナーでも防寒をしていくことが大事です。

スポーツ用インナーシャツがなければヒートテックでも問題ありませんが、ヒートテックは汗かくと余計に寒くなるのであまりおすすめはしません。

インナー買う余裕があれば↓これがおすすめ。

スポーツ選手から多く指示を集めており、ネットショップでは常に上位をとっています。

③転んで濡れても大丈夫そうなズボン

初心者は99%転びます。

転ばないという選択肢は無いと思った方がいいので、しっかりと対策する必要があります。

女性であれば、スカートやガウチョパンツなどは、いうまでもないですがやめた方が身のためです。

ジーンズやジャージ、そのほか濡れても大丈夫そうなズボンを準備しましょう。

④手袋

手袋は持っているものでも何でもいいのですが、もしこれから購入するとかスケート用の手袋が欲しいという場合は↓こんな感じのウィンタースポーツ用の手袋を購入しましょう。

転んでも手が冷たくなることはなく、あったかいので防寒にもなります。

頻繁にスケートに行くわけじゃないなら、通常寒い時にでも使えそうな自分の好きな手袋で大丈夫でしょう。

⑤お金(滑走料&貸し靴料)

忘れがちですが、滑るための料金靴を借りる料金は別で設定されています。

料金はスケートリンクによりますが、1人2000円〜3000円は見ておいてください。

これだけあればあとは滑るだけ!

スケートは最初ちょっと難しいですが、うまく滑れるようになるとマジで楽しいです。

もしあなたが初心者なら、本サイトで初心者のための滑り方もわかりやすく解説してるので、前提知識として合わせて読んでみてください。↓

【もう怖くない】スケートの滑り方【初心者編】

タイトルとURLをコピーしました