【もう怖くない】スケートの滑り方【初心者編】

スケート

スケート始めたばかりの人や、もっとうまく滑りたい!という方に向けて、スケートの滑り方についてまとめました!

滑り方を知らないと、恐怖心やうまく滑れない悔しさが残ってなかなか楽しめないですよね。

ここでは手順に乗ってとにかくわかりやすくまとめましたので、ぜひ覚えていってください。

スケートの滑り方

スケートが滑れるようになるには正しい手順をしっかり追っていく必要があります。

流れはこんな感じです。

①立つ → ②歩く → ③滑る

だがしかし!初心者がまず最初に覚えなければならないのが止まり方です。

できなくてもいいので事故防止のためにも絶対に頭に入れておいてください。

スケートの止まり方

止まる時は、靴をハの字にします。

こんな感じ → / \

内股になるイメージで足の先端を閉じてください。

スキーの止まり方と全く一緒なので、スキーやったことある人はすぐできると思います。

止まったら進んでいる方向に重力がいくので、一応前に転ぶ準備はしておいた方がいいです。

ハの字にして止まるを頭にぶちこんだら、手順に進みましょう。

スケートの立ち方

そもそもスケートはスキーにけっこう似ていて、靴を真っ直ぐ向けていたら当然その方向に滑ります

しかし初心者の方がやりがちですが、常に両足を同じ向きにしていたら、スケートは止まらずにそのまま滑ってしまいます

なので、まず氷に立ったら靴の向きは逆向きのハの字にしましょう。

止まり方と逆でガニ股になる感じです → \ /

そうすることで、その場にとどまって立つことができます。

これは滑るときにも必要な基本なのでしっかり覚えておきましょう。

立つことができたら、まだ滑らないで歩くことから始めます。

スケートの歩き方

さっき言った逆向きのハの字の状態のまま、ガニ股で歩きます。

さっきも言いましたが、靴を真っ直ぐに向けて歩かないように

転倒の原因になりますし、後ろに転ぶ可能性があり危ないです。

なので、必ず逆向きのハの字を保ったまま歩きます。

【ポイント】

体の重心を片足にしっかりと乗せるべし

重心をしっかり片足に乗せることで転倒のリスクを下げることができ、滑る動作にも移りやすくなります。

それができたら次は実際に滑ってみましょう。

スケートの滑り方

ハの字の状態で歩きながら、少しずつ蹴る力を強くしていきます。

進むイメージは↓こんな感じです。

足は常に逆向きのハの字であることを忘れずに。

【滑る時の考え方】

滑る = 歩くの延長

この考え方さえ頭にぶちこんでおけば、ほとんどの人が滑る動作を習得することができます。

滑ることができたら、

立つ→歩く→滑る→止まる

の動作を繰り返してみてください。

ぶっちゃけ基本の滑り方はそれで完璧です。

滑るときの恐怖心について

初心者は誰しもスケートを怖がります。

理由はこんな感じでしょうか。

・ツルツルしてて足持ってかれそう

・止まれなくてぶつかりそう

・転ぶのが怖い

結論からいうと、滑り方を頭に入れておけば全く心配ありません。

ただ転ぶのが怖いについては確かにわかるので、転んでも大丈夫な姿勢を紹介します。

転んでも大丈夫な姿勢

実は転ぶといっても、前に転ぶのは全然大したことないです。

反射的に手をついて受け身とれますし、目で見れるのでまだ安心感があります。

危ないのは後ろに転ぶこと。

転び方間違えると腰や頭に怪我するかもですし、そりゃ上級者でも怖いです。

なのでこうします。

軽く膝を曲げて、姿勢を低くする。

理由:
・転んだときのダメージが減る
・氷と目の距離が近いので安心する

受けるダメージが姿勢を低くすることで減ります。

これだけでも全然痛くなくなります

ついでに氷が近く見えるので安心感があって恐怖心もだいぶ減ります。

恐怖心が残っているならぜひ実践してみてください。

「立つ→歩く→滑る→止まる」を徹底すべし!

これらが実践できたら、少しずつスピードを上げていきましょう。

スピードを出して滑るときの爽快感と言ったら、それはそれはもう最高です。

初心者編ができたら今度は中級者編があります。

上達して友達に「うまいね!」って言われたい方は中級者編を頑張るといい感じなんで、興味があれば合わせて読んでみてください。

【コーナーで差をつけろ!】スケートの滑り方【中級者編】

タイトルとURLをコピーしました