スケートをするときの服装はこれ【初心者必須知識】

スケート

初めてスケートする方やスケート初心者の方に向けて、要点をまとめて服装を解説していきます!

意外と知らないこともあると思うのでしっかり見ておきましょう!

スケートをするときの服装

必須
・手袋
これがないとスケートリンクに入れてもらえません

・ちゃんと暖かいアウター
室内のリンクでも室温が0度〜10度とクソ寒いので注意

・転んで濡れても大丈夫なズボン
間違えてもスカートや短パンは履いてはいけません

・薄すぎない靴下
履き慣れない靴なので分厚めの靴下のが足が痛くなりにくいです

推奨
・インナー or ヒートテック
できればインナーの方がいいですが、なければヒートテックで防寒しましょう

・ウィンドブレーカーなど防水の服
転ぶと濡れますし冷たくて辛いので、防水の服装はおすすめです

ざっくりと説明するとこんな感じです。

それではそれぞれの服装について解説していきます。

手袋

手袋の着用はスケートリンクのルールです。必ず着用するので忘れないようにしましょう。

手袋を付ける理由は、防具としての役割を果たすからです。

もし仮に転んで氷に手をついてる状態だとしましょう。その手の上を他の人が滑ってきたら・・・。スケート靴についてるブレードは刃物なので、言うまでもないでしょう。

また、氷に手がくっついてしまうことも避けられるので、スケートリンクとしてはこういった事故防止のために手袋の着用を義務付けるようにしています。

手袋であればぶっちゃけなんでもいいですが、↓のようなウィンタースポーツ用の手袋は防水防寒に優れているので、手袋をまだ持っていない人はこちらを検討してみてください。

ちゃんと暖かいアウター

前述しましたが、スケートリンクの室温は0度〜10度にもなりクソ寒いです。

夏で外が暑かったとしても、必ずコートやジャケットを持っていく必要があります。

動きやすい方がいいので、丈の長いコートなどは避けダウンジャケットやブルゾンなどのアウターを持っていくようにしましょう。

転んで濡れても大丈夫なズボン

スケートは初心者でも上級者でも転倒がつきものです。

特に初心者の方はバランスを崩して転んでしまうことが必ずあると思います。

スケートリンクは氷でできており、そうして転んでしまうと服がビショビショになるので、できるだけ濡れても大丈夫なズボンを履いておくと良いでしょう。

前述しましたが、間違えてもスカートや短パンを履いてはいけません。

怪我するし動きづらいしスカートだったら角度に気を付けなきゃいけないし、何もいいことありません。

薄すぎない靴下

スケート靴は皮でできていますが、物によっては皮が硬く自分の足と合わない場合も考えられます。

そういうときにあんまり薄い生地の靴下だと、靴ズレを起こしたり足が痛くてまともに滑れないなんてことになりかねません。

持ち合わせている靴下の中でできるだけ生地が厚いものや、スポーツ用ソックスなんかを履いていくと対策できるでしょう。

(推奨)インナーorヒートテック

これは防寒ですね。

特に暑い時期はスケートリンクまでの服装がかなり薄着になってくるかと思います。

油断して薄着で挑戦するとほんとに後悔することになるので、インナーなどの防寒具はできるだけ準備しておいた方がいいでしょう。

どちらかというとヒートテックよりインナーの方が運動するときの防寒に優れているので、持っていればスポーツ用のインナーシャツとかを使いましょう。

持っていなければ↓こちらがおすすめです。ランニングなど他のスポーツにも使えますし、これに限っては多くのユーザーから指示を集めています。

(推奨)ウィンドブレーカーなど防水の服

見た目的にあれですが、特に気にしないのであればウィンドブレーカーとか防水で動きやすい服装がおすすめです。

濡れてから後悔しても遅いので、予め対策しておくといいかもですね。

防水と防寒をしっかりすれば問題なし

好きな服装で滑れるのがいちばんなので、自分は大丈夫!という自信に満ち溢れているのなら、ぶっちゃけ服装はなんでもいいと思います。

ただやっぱり怪我なく安全に楽しんで欲しいので、揃えられるものはできるだけ用意して挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました