あんま大声じゃ言えないけどアダルトブログがやばい

ブログ・SEO

普通にブログやってて稼げない人、諦めかけてませんか?

検索上位を狙おうとニッチなジャンルを攻めていては、ぶっちゃけ稼げたとしても上限があります。

僕も稼げなくて悩んでいる時、ふとあることを思い立って始めたアダルトブログがあるのですが、それがもう、1ヶ月でやばい。

これは6月中の一部アナリティクスデータです。

もともと1日100人あたりをうろうろしていたのですが、12日以降急激に200人、300人と伸びました。

Twitter流用が大きいのもありますが、オーガニックサーチで、しかもブログ開始1ヶ月でここまで引っかかるのは、アダルトブログだからこそともいえるのかなと感じています。

ということでブログ収益に悩んでる人へ、アダルトブログがやばい理由と、そこから得られる学びというのを、紹介したいと思います。

アダルトブログがやばい理由

その1:検索ユーザーの母数が半端じゃない

ブログを作る上で必要なこととして、「ペルソナ(対象ユーザー)」の設定がありますよね?

最初は競合の少ないニッチなジャンルで攻めるかと思いますが、ニッチなジャンルであればあるほど検索ユーザーの母数は少なくなります。

しかし、「通常のブログのニッチ」と「アダルトブログのニッチ」では、アダルトブログの方が圧倒的に母数が大きくなります。

極論、日本人の5割以上が対象ユーザー

エロというのは人間の本能的な欲求ですから、検索するユーザーは人間であれば誰でも該当するといえるでしょう。

さらに言うとインターネットがなくなるまで母数は減らないといっても過言じゃないです。

その2:検索キーワード決めが簡単

結論、ジャンルとか部位とか種類が既に決まっており、新たに発掘される可能性は非常に低いのでキーワード決めはめっちゃ楽です。

楽な上に、組み合わせ次第では競合を避けニッチなジャンルをせめることが出来ますので応用が利きます。

どれだけニッチなジャンルでも検索キーワードに必ず「エロ」が入る

あとはこれが大きいですね、どうあがいてもキーワードが一つ確定します。

超絶ビックキーワードでユーザーを確実に引っ張ってこれるので、検索されない問題は確実と言っていいほど解決するでしょう。

その3:記事更新が自動化できる

通常のブログでは毎回記事を書いてあげるのが当たり前ですが、アダルトブログは完全に自動化することも可能です。

例えば、某オレンジ色の動画サイトに上がった、指定カテゴリの新着動画を、リンクとタイトルさえ引っ張ってこれれば自動投稿処理が出来たりします。

自動化じゃなくても作業が楽

通常のブログで求められるのは、オリジナリティや個性でしょう。

しかしアダルトブログでは基本的に求められず、既に存在している素材をただかき集めるだけで良いので、そもそもの更新作業がめっちゃ楽です。

結論、アダルトブログは効率的に稼げる

通常ブログでニッチなジャンルを攻めるよりは確実に、アダルトブログなら短期間でユーザーを集めて収益化につなげることが出来ます。

稼ぐとなるとまた別の話にもなりますが、そもそものユーザー数は収益化において前提条件ともなりますから、無視できない存在でしょう。

この学びは通常のブログにも生かせる

嫌でもアダルトブログをやらなければならないかと言えば、そういうわけでもありません。

アダルトブログがやばい本質的な部分を理解すると、通常のブログにも十分生かせるポイントがありますので、最後にそちらを紹介していきます。

学び1:ビックキーワードの派生が稼ぎやすい

結論、ビックキーワードを使うことで絶対的な母数が保証されるので、派生に繋がる人が途切れず、継続的に検索されます。

以下のイメージを見てもらえるとわかりやすいかも。

一見すると、最終的な人数は同じだから変わらないと思われるかもしれませんが、継続的に考えると左の方が圧倒的にユーザーが集まります

ビックキーワードには絶対的な母数があるとお話ししたように、母数が多いということはそれだけ人の流れも多いということになります。

人の流れが多ければ、ニッチなジャンルに流れ着く人は基本途切れることがありません。

一方で、右側の様なニッチなキーワードをメインにしてしまうと、スタート地点となる母数が少ないので人の流れが弱く、時期などによってはユーザーが獲得できないことも考えられるでしょう。

ビックキーワードの派生は長期目線でユーザーを獲得しやすい

ビックキーワード理論を普通のブログで活かすなら、

「ソニーの中のヘッドホンの中のワイヤレス」

ではなく、

「ヘッドホンの中のワイヤレスの中のソニー」

という風に、ユーザー母数の大きいキーワードをメインにすることで、よりユーザーを集めやすくするといったところですね。

メインキーワードはタイトルの左に寄せ、記事内で少し多めに出現させる

SEO的にはメインキーワードを左に寄せたりっていう話がありますので、以上のことを踏まえて実践してみると良いかもしれません。

学び2:独自性を必要としないコンテンツは効率がいい

アダルトブログでは、既にネット上に存在しているコンテンツをまとめるだけでも十分運用できます。

それは通常のブログでもジャンルによっては実践可能で、例えばですけど、講義系YouTubeの動画をまとめるサイトを作ったとすれば、記事の更新は基本的に動画と簡単な説明だけでいいわけですから、あわよくば自動化すらできます。

オリジナリティを売りにするブログと比べると効率の差が圧倒的すぎるので、短期的に稼ぐことを視野にいれるなら独自性を必要としないコンテンツの方が合理的と言えるでしょう。

そういう意味では商品レビューまとめは強い

独自性がなく検索されやすいものと考えると、大手ショップに投稿された商品レビューのまとめはメチャクチャ強いです。

独自性は必要ありませんし、「商品名+レビュー」と商品名で差別化したキーワードで検索上位を狙え、商品のアフィリエイトで収益を取れるという、ブログで稼げないと悩んでる人にとっては助け舟になるジャンルかもしれませんね。

まとめ

以上、アダルトブログがやばい理由とその学びの紹介でした!

アダルトとはいえ侮れないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

僕の運営しているアダルトブログの詳細は伏せますが、大きめのキーワードで1ページに出てくるので、もしかしたら見られるかもしれませんね・・・。

ぜひこれを機にアダルトブログに手を出してみるか、アダルトブログから得られる学びを自分のブログに実践してみてください。

必ず変化が現れるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました