完全在宅でも働ける職業8選!引きこもりにおすすめ

パソコン在宅・ビジネス

こんにちはSHOKIです。

引きこもり体質の方にとって、外に出て出勤とか、人間関係とかって、えげつないほどストレスになってしまいますよね。

僕も正社員で出社勤務してるとき、キツすぎて毎朝胃がきりきりしてました・・・。

ひどいときは、電車に乗ってるとき貧血?で視界が真っ暗になって、やばいと思い何も見えない中なんとか電車を降りたら、ホームで倒れてしまったこともあります。

しかし今は完全在宅のフリーランスで超絶自由な働き方を実現させ、誰にも文句言われない引きこもり生活を送っています。

そんな経験があったからこそ、同じようなストレスを抱えている人の助けになれるよう、毎朝ストレスに悩まされない完全在宅で働ける職業を紹介していきたいと思いました。

出社勤務が辛くて悩んでいる方、出社勤務が原因で仕事をなくしてしまった方、この記事を読めば人生の選択肢が増えるかもしれません。

あなたの理想の働き方をイメージしながら、これから紹介する職業たちを見てみてください。

完全在宅で働ける職業一覧

1.WEBエンジニア

パソコン

WEBエンジニアは、WEBサービスやホームページを作成する業務がメインの職業です。

業務は全てパソコン1台とインターネット環境で完結するため、一切外に出る必要はありません。

「なんか難しそう・・・」

と思われる方も多いですが、実際にWEBエンジニアをしている僕からすると、みんなが思っているほど難しくないのでめっちゃおすすめです。

例えばシンプルなコーポレートサイト(会社や飲食店のサイト)を作るとなれば、1ヶ月真面目に勉強すれば余裕で始められます。

完全未経験から在宅WEBエンジニアになる方法は以下の記事で紹介しているので、興味があれば合わせて読んでみてください。

引きこもりでも在宅WEBエンジニアになれる【未経験向け】
今の時代、完全に引きこもりながら働く手段は腐る程あります。しかし、在宅で働く手段を知らない人が非常に多いのもまた事実です。ということでここでは、引きこもりが完全に引きこもったまま在宅のWEBエンジニアになる方法を徹底解説していきたいと思います。引きニートや出社勤務に限界を感じている人はぜひ参考にしてみてください。

2.WEBデザイナー

パソコン

WEBデザイナーは、コーポレートサイトなどのWEBサイトで、配置や配色などデザイン部分を作る職業です。

先ほど紹介したWEBエンジニアはWEBサイトのシステム部分を作るのがメインで、WEBデザイナーは利用する人に見える部分を作る、といった役割ですね。

こちらもWEBエンジニア同様、パソコン1台とインターネット環境だけで完結するので、完全在宅勤務ができます。

「デザインセンスないしな・・・」

と思われる方もいますが、WEBデザイナーはぶっちゃけそこまでセンス必要ないです

完全に新しいデザインのサイトを作るとなると話は変わりますが、WEBデザイナーのほとんどの業務は既存サイトのリメイクのようなものです。

なので、いろんなWEBデザインの方法さえ知っておけば、それらを組み合わせるだけでも十分だったりします。

デザイン系興味あるけどセンスがなあ・・・って悩んでる方はWEBデザイナーが向いているかもですね。

3.WEBライター

パソコン

WEBライターは、この記事のようなWEB上で読める記事を書く職業です。

文字が成果物となるので、場合によってはスマホ1台で働くこともできます。

本を書くわけではないので、文章を作る際にそこまで突起した技術は必要ありません。

逆にWEBライターに必要なスキルは、噛み砕いてわかりやすく説明する能力です。

WEB上の記事は不特定多数の人が閲覧するため、誰でもできるだけわかりやすく理解できる記事が望まれます。

それさえあればもはや誰でもWEBライターになることができるので、完全在宅で働ける職業の中でトップクラスに入り口が広いと言えるでしょう。

4.アプリエンジニア

スマホ パソコン

アプリエンジニアはその名の通り、スマートフォンアプリを開発する職業です。

WEBエンジニアと似ていて、プログラミング能力さえあれば基本的に完全在宅で働けます。

ただ完全在宅で働くためにはひとりでプログラミング周りの業務を行うため、企業などである程度経験を身に付ける必要がありますが、1年頑張ればその後は在宅に転職することは容易です。

ゲームの開発なんかもあるので、エンターテイメント系に興味がある人にはおすすめですね。

5.経理・事務

紙 ペン

経理などを在宅で担当してもらう会社はちらほら増えてきており、簿記の資格さえ取得できれば誰でもチャンスがあります。

簿記の取得がむずかしければ、在宅事務を募集している会社も存在するので、事務にシフトするのもいいかもしれませんね。

必要なスキルは、基本的なPC操作、Officeソフトの使い方、ファイル整理、など、基礎的なPC操作ができれば問題なく働けます。

場合によっては定期出社を求められる可能性もありますので、応募する際は業務形態はあらかじめ確認しておきましょう。

6.イラストレーター

イラストレーター パソコン

イラストレーターは、WEB上で使うイラスト、ロゴ、イメージの作成や、ゲームで使われるイラストの作成など、インターネット上で使われるイラストを作成する職業です。

イラストをかけるだけのスキルがあらかじめ必要なので、他の職業に比べ難易度は高いです。

逆に、イラストを描くのが好きで趣味で描くこともあるという方にとっては、かなり向いているでしょう。

基本的にはクライアント(発注者)からもらった要望にそってイラストを作成し、何度かオンライン上で打ち合わせをし、イラストを完成させるといった流れです。

他の職業と違い、パソコンとインターネット環境の他にペンタブ(イラストが書きやすいやつ)が必要になったり、そこそこのパソコンのスペックが必要だったりと、入り口が狭い傾向にあります。

個人でイラスト作成経験をつけたり、少しずつ環境を整えて行ったり、長期的な目線で目指すと実現させやすいでしょう。

7.ネットショップ運用

ネットショップ運用は、例えば楽天やAmazonに出品している事業主の手伝いをする、といった業務を行います。

業務内容は、注文が入った商品の梱包、発送や、メールの対応など、ネットショップ一連の流れのサポートです。

難易度が低い分収入も期待できませんが、スキルが求められる職業に抵抗がある方は向いているでしょう。

募集している会社は比較的、小規模会社な会社または個人であることが多いので、人間関係に悩まされたくない方にとっても、関わる人が少ないのはありがたいかもですね。

8.動画編集

動画編集 パソコン

YouTubeの人気に影響し、急激に需要が増えている動画編集という職業。

クライアントからもらった素材から、要望に基づき動画を作成していきます。

動画編集もまた、パソコン1台とインターネット環境さえあれば完結するので、完全在宅で働くことができます。

人気YouTuberの動画や、気になる情報を発信している動画などを、編集しながら先行して視聴できるのは結構楽しいかもしれませんね。

ひとつ注意点があって、動画ファイルはおそろしいほどサイズが大きいため、安いパソコンやHDD(保存領域)が狭いパソコンでは作業が難しく、ある程度パソコンに関する知識は必要となってきます。

パソコン中級者ぐらいの方であれば、完全未経験でもスムーズに始めることができるでしょう。

知っておくべき在宅で働くときの注意点

職業さえ見つかれば在宅で働けるのか?というと、そういうわけでもありません。

在宅勤務にはいろいろな弊害があります。

注意点1.雑費は自己負担

会社にもよりますが、基本的にはパソコン代や通信料金は全て自分で負担することになります。

出社勤務は交通費負担やらパソコン貸与などがある反面、在宅勤務には自己責任となる部分が多いため注意が必要です。

注意点2.低スペックのパソコンだと仕事にならない

「パソコンを自己負担しなければいけない、でも高いのは買えない・・・」

と思い、安いので妥協してしまうのは、はっきりいって絶対に失敗します

安物買いの銭失いという言葉がありますがまさにそれで、安いパソコンが仕事中にフリーズしたり発熱したりしてしまっては、元も子もありません。

もし、できるだけ安く、スペックの良いパソコンが欲しいなら↓がおすすめです。

在宅勤務におすすめのノートパソコン 1 選【5万円以下でOffice付】
GLM-14-J3160-240-2019はスペックが十分で仕事に困らないだけでなく、「Microsoft Office 2019」や「WEBカメラ」などが搭載されており、これ一台で在宅勤務に移行することが可能になります。それでいて値段が40,000円と超お手頃価格になっています。ここではその理由について解説します。

スペック的にも、失敗することはまずありえないでしょう。(動画編集は除く)

注意点3.安定したインターネット回線が必要

パソコン同様、仕事にならないほどの不安定なインターネット回線では、ストレスすぎて仕事どころではなくなるでしょう。

おすすめは↓ですが、ポケットWi-FiやデザリングじゃなければぶっちゃけなんでもOKです。

在宅勤務におすすめのインターネット回線3つ【目的別にピックアップ】
コロナウイルスの影響もあり在宅勤務の人が急上昇中の今、インターネット回線について見直している人は多いのではないでしょうか。そこでここでは、そんな在宅勤務の人に向けたおすすめのインターネット回線を3つ取り上げました。「速度重視」「安さ重視」「無線」の3つの目的からピックアップしているので、環境にあった回線が見つかります。

まとめ

以上が完全在宅で働ける職業の紹介でした!

気になる職業は見つかりましたでしょうか?

在宅勤務なりに悩むこともありますが、出社勤務に比べれば天と地の差があります。

ぜひこれを機に、ストレスフリーなお仕事環境を実現させてみてください!

タイトルとURLをコピーしました