オンライン飲み会のやり方とおすすめの無料通話アプリ5選

パソコン引きこもり

コロナウイルスの影響で、大企業すら実践しているオンライン飲み会。

自分たちもやってみたい!という方はとても増えてきているようです。

ということで、オンライン飲み会のやり方とおすすめの通話アプリを5つまとめましたので紹介します!

オンライン飲み会のやり方は?

準備するもの

  • スマホ または パソコン
    • スマホだけでもいいですが、パソコンの方が画質や音質が良くなります!
  • イヤホン または ヘッドホン
    • スマホやパソコンのスピーカーで音を出してしまうと、音が反響して通話相手が不快になってしまいます。
      イヤホンかヘッドホンは絶対準備しましょう!
  • 通話アプリ
    • グループ通話ができるアプリやツールが必要です。
      無料アプリで問題ありません!
  • 通話相手
    • 一緒に飲む相手がいないともはやオンラインではありません。
      通話相手にも、↑の準備するものを伝えてあげましょう!
  • お酒とおつまみ
    • これがないと始まりませんね。
      好きなお酒を好きなだけ、好きなおつまみを好きなだけ準備しましょう!

準備ができたら通話開始!

通話アプリでグループを作成し、参加者をグループに招待しましょう。

参加が完了したらグループ通話を開始!

通話が始まったら、自分の音質や画質が相手から見て大丈夫か、声かけして確認してみましょう!

知らないと損する!オンライン飲み会の注意点

オンライン飲み会は通常の飲み会とは違う部分が多くあり、知っておかないと辛い思いをすることも多々あります。

注意点1:誰かが喋っているときは喋れない

意外と知られていない盲点ですが、みんなの声がひとつのイヤホン(ヘッドホン)から聞こえるので、会話がかぶると誰が何を喋っているのか聞き取り辛くなります

例えばオフ飲み会だったら、右にいる人と左にいる人が同時に喋ったとしても、右から聞こえる音と左から聞こえる音をある程度聞き分けることができます。

一方オンライン飲み会は、そういった音の位置がひとつに集約されてしまうので、自由な会話がやりずらくなってしまうでしょう。

注意点1 → 対処法

会話しやすいオンライン飲み会にするなら、人数を増やしすぎないのが最善策です。

だいたい6人以下であれば、問題なく会話できるでしょう。

注意点2:音質問題

スマホやパソコンのマイクで通話をしていると、どうしても音質が悪い場合が出てきてしまいます。

音質が悪いのは、通話相手にとってかなりストレスとなってしまうでしょう。

注意点2 → マイク付きのイヤホンかヘッドセット

1000円ほどの安いものでも十分に対策可能です。

おすすめはiPhoneの付属品である白いイヤホンです、ない場合Amazonで1399円で販売されています。

オンライン飲み会におすすめの通話アプリ・チャットツール5選

1.zoom(ズーム)

https://d38fgd7fmrcuct.cloudfront.net/1_3tmh2v09iwec35c0w4sgh.jpg

今とくに注目を集めているのが「zoom」というアプリで、無料で使うことができるのに高音質で高画質と高い評価を集めています。

また通話の人数が100人まで参加可能で、もはや人数が無制限状態です。

2.LINE(ライン)

https://lh3.googleusercontent.com/6RwGtEYhB58TsMI6WYfKVx58Qe0hlavCCWQZ-nNDnZCi4dUf7xrGT8ucSDxGuCiA0Q=s360-rw

LINEもまたグループ通話ができます。

新しいアプリを入れるのが億劫だったりするなら、LINEで始めちゃうのが楽ですね。

3.Skype(スカイプ)

https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2016/04/skype-logo.png?w=736&zoom=2

Microsoftが提供する通話チャットツールのSkypeは、最大50人までのグループ通話が可能です。

音質も良く、長年ツールを開発していることもあり使いやすさは徹底されています。

まとめ

以上がオンライン飲み会のやり方とおすすめの通話アプリの紹介でした!

家から出れず大変な時期だと思いますが、オンライン飲み会で楽しくストレス発散していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました