長年Windowsを使ってる人が絶対Macに乗り換えてはいけない理由

Mac在宅・ビジネス
もふ美
もふ美

Macかっこいいなあ、乗り換えようかなあ

ちょっと待った!!!!

あなたがもし、数年ほどのWindowsユーザーなら、安易に乗り換えるのは絶対にやめておいてください。

ブログ主は失敗しました。

何ヶ月か使ったら慣れるだろ、と思っていましたが、3ヶ月たってもストレスだらけです。

後悔はしていますが、こうして教訓を得ることができたので、無駄にしないためにもこの記事で紹介していきたいと思います。

長年Windowsを使ってる人が絶対Mac乗り換えてはいけない理由

1.予測変換機能が不便

Macの予測変換はWindowsとは仕様が違く、仕様になれるまではまじでストレスになります。

設定次第でWindowsの仕様に近い形にはできますが、変換文字の位置などは全然違うので注意が必要です。

2.MacBook単体だとUSB挿せない

MacBookに搭載されている接続端子は「Thunderbolt 3」というタイプで、通常のUSBとは形が違います。

引用元

これが実はめちゃくちゃ不便で、今まで持っていたマウスやキーボードやディスプレイはそのままでは使うことができません。

別売のアダプタを使えば使用できますが、多少場所をとります。

3.コントロールメニュー位置が逆

Windowsの閉じるボタンや最小化ボタンは右にありましたが、Macはその逆で左についています。

これもまた最初のストレスがはんぱじゃなくて、今まで通りにマウスを右上にもっていくと「逆や」ってなってイライラします・・・。

4.エクスプローラーがくっそ使いづらい

Windowsのエクスプローラーは割りと直感的な動作ができて、初心者でも使いやすい仕様になっているかと思います。

一方Macのエクスプローラーは必要最小限の情報しか表示していないため、メニューを探すのに苦労したり、目的のファイルを探すのに時間がかかったりと、非常に使いづらいです。

5.ディレクトリ構造がわかりづらい

Windowsのディレクトリはひとめで何がどこにあるか、確認できるでしょう。

しかしMacのディレクトリ構造は、エクスプローラーの初期設定のままでは全てを確認することができず、自分でショートカットや設定変更を細かく行わなければいけません。

ブログ主はあまりにも使いづらかったので、別でエクスプローラーツールをインストールして使っています。

6.スペックの割りに高い

Windowsと全く同じスペックだとしても、Macならだいたい1.5倍は値段が跳ね上がります。

高いからと言って安いMacにするとスペックが低すぎて後悔する羽目になるでしょう。

7.MacじゃなきゃできないことはiPhoneエミュレータぐらい

「Macにしかできないこと」を求めてMacに乗り換える人がいるようですが、はっきりいってiPhoneアプリの開発をしないならMacに乗り換える必要はありません。

ブログ主も同じような感じでMacに乗り換えたのですが、探すと意外とMacでできることってWindowsでもできるんですよね。

8.逆にMacにできないことが多すぎる

Macに乗り換えてから知ったことは、WindowsにできてMacにできないことが多すぎる、ということでした。

例えばゲームとか今まで使っていたツールとか、MacでWindowsと同じことをしようとするとマジで泣きたくなるほどできなかったりします。

結論:Macに慣れる気力がないならWindowsでいい

以上がWindowsユーザーが実際にMacに乗り換えてみてストレスに感じたことでした。

もし、かっこいいとかなんとなくとか、具体的な理由がないのにMacに乗り換えようとしているなら、一度踏みとどまって考えてみて欲しいと思います。

逆に、これらのストレスを実際に触れて確かめてみたい人は、購入するべきかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました