業界未経験から在宅フリーランスプログラマーになるためには?

業界未経験から在宅フリーランスプログラマーになるためには?在宅・ビジネス

「プログラミング未経験だけど、ノマドワーカーになりたい」
「在宅でフリーランスプログラマーを始めたい」

こんな悩みをかかえているプログラミング未経験の方が多いようでしたので、現役在宅フリーランスプログラマーであるブログ主が、

業界未経験から在宅フリーランスプログラマーになる方法

をまとめました。

この記事を読めば、在宅フリーランスプログラマーの実態を知ることができます。

業界未経験から在宅フリーランスプログラマーになるためには?

せっかく頑張って在宅フリーランスプログラマーを目指そうとしているとこ残念ですが、

未経験のまま在宅フリーランスプログラマーになるのはほぼ不可能

です。

業界未経験であればまず、IT企業に就職して実績を作る必要があります。

未経験のまま在宅フリーランスプログラマーになれない理由

在宅フリーランスプログラマーの難易度が高い点として、主に以下の二つの要因が挙げられます。

要因1:フリーランスプログラマーは即戦力重視である
要因2:在宅はセキュリティや信頼性が問われる

プログラマー自体は未経験でもなることができますが、「フリーランス」と「在宅」というところに難易度が高くなるポイントがあります。

要因1:フリーランスプログラマーは即戦力重視である

フリーランスプログラマーはざっくりいうと技術だけを売る仕事です。

正社員だと求められるのは技術ではなく、スキルアップなどの成長を見越した将来性が重視されます。

一方フリーランスはと言うと、ひとつの業務やプロジェクトに特化して仕事を任せるため、即戦力が重視されます。

会社に貢献するのが正社員
業務に貢献するのがフリーランス

という明確な違いがあるって感じですね。

そのため技術を売れない未経験がフリーランスプログラマーになっても

・誰も雇ってくれない
・正社員のように保証してくれるあてもない

となり露頭に迷うことになるでしょう。

要因2:在宅はセキュリティや信頼性が問われる

コロナウイルスの影響もあり在宅勤務をする人が急増していますが、実は

在宅勤務を実施した会社は、ほんのごく一部

なのです。

会社が在宅勤務を実施できない理由は主に下記の3つでしょうか。

・在宅勤務に移行するシステムやツールを整備しなければならない
・エンジニア同士が見えない場所で作業するため人間的な信頼性が必要
・ローカルサーバーでしか業務ができない場合、どうあがいてもオフィスから離れられない

在宅勤務そのものが難しいとなると、当然在宅のプログラマー案件は少ないことがわかります。

そんな数少ない在宅案件の中で、業界未経験のフリーランスを信頼する会社が存在しないことは、言うまでもありません。

「在宅」「フリーランス」どちらかを捨てれば可能性はある

未経験にとって「在宅」と「フリーランス」はそれぞれ難易度が高いので、二つを掛け合われば当然不可能となるでしょう。

しかしどちらか一方を妥協すれば、未経験でも可能性ありです。

要は「在宅正社員プログラマー」か「客先常駐フリーランスプログラマー」ってことですね。

在宅フリーランスプログラマーになるのは、どちらかでスキルと実績を身に付けてから考えると良いでしょう。

では、それぞれに共通する

未経験からプログラマーになる方法

はどのようなものか、見ていきましょう。

未経験からプログラマーになる方法

業界未経験でも受け入れてくれるIT企業は、実際に存在します。

とはいえなんの準備もなしに飛び込むのは合格率が低いですし、合格したとしても業務についていけるかは怪しいでしょう。

そのため、未経験からプログラマーを目指す上で一番最初に手をつけるのは、

最低限のプログラミング知識をつけるための学習

です。

プログラミングの学習方法

プログラミングの学習は主に、「プログラミングスクール」と「独学」の2択となります。

プログラミングスクールのメリットデメリット

プログラミングを専門とするスクールに通うことで、即戦力となるためのスキルを身に付けることができます。

基本的にプログラミングスクール側は「受講生を就職または案件獲得させる」ことをゴールとしているため、企業に認めてもらえるスキルを徹底して教えています。

プログラミングスクールの収益は、受講生を企業に紹介することで得る成果報酬なので、即戦力となるスキルを徹底して教えることには納得できますね。

そのためプログラミングスクールは、後述する独学と比べると

とにかく早く確実に転職可能

なのが魅力といえるでしょう。

ただデメリットとして、受講費用がくそたけえことがあります・・・。

コースや期間にもよるのですが、安くて10万高いと100万近くかかります。

確実にプログラマーになってあとで費用分を回収する、と考えればいい方かもですが、それでも高いもんは高いので手が出しづらいでしょう・・・。

しかし例外として、無料スクールというのも存在します。

GEEK JOB 」という無料スクールを例にあげると、受講生を確実にIT企業へ転職させることで、企業側から報酬を多く取るというシステムのようです。

転職を辞退すると違約金が発生するので、自分で転職先を決めたい方はおすすめしませんが、プログラマーになるための第一歩として無料スクールを利用するのは非常に有効な手段と言えるでしょう。

独学

前提として頭に入れておいて欲しいのですが、独学はめっちゃきついです。

あたりまえかもですが、わからないとこを聞く人がいないのは勉強においてかなり弊害です。

とはいえ独学でもプログラマーになれるだけの十分なスキルは身につくので、スクールに抵抗があるなら独学でもよいでしょう。

おすすめの独学方法は、ポートフォリオを作成しながらの学習です。

ポートフォリオとは成果物、いわゆる実力の指標ですね。

ポートフォリオがあると面接合格率が超絶あがるだけでなく、より実践的なスキルが身に付くのでメリットだらけです。

ちなみにポートフォリオの作品例はこんなかんじです。

・企業サイトをイメージしたWEBサイト
・WEB上で動くトランプゲーム
・電卓アプリ
・確定申告用のデスクトップアプリ
スマブラのキャラランク作成ツール(ブログ主のポートフォリオだよ)

ポートフォリオを作成したら、働きたい企業へポートフォリオと一緒に応募してみましょう!

さらに合格率をあげる方法

単に知識をつけただけでは実務経験者に当然劣るので、面接次第となってしまいます。

より確実に正社員かフリーランスのプログラマーを実現させるなら、小さい実績を作ることに徹しましょう。

要はアルバイトをするかクラウドソーシングサイトを利用するということです。

在宅プログラミングバイトに関しては以下の記事で紹介していますので、気になる方は読んでみてください。

未経験から在宅でプログラミングのアルバイトを始める方法の全て
未経験でもプログラマーになれるか、不安ですよね。でも安心してください。結論から言って誰でもなれます。ここでは、プログラミング未経験の人を対象に、在宅のバイトを始める方法をまとめました。プログラミング経験をつけたい高校生・大学生や、プログラマーに転職したい人は必見です。

クラウドソーシングサイトは、案件が欲しい個人 と 個人に業務を依頼したい企業 を結ぶビジネスマッチングサイト的なかんじです。

完全在宅でWEB制作やアプリ作成などの案件を獲得することができます。

ポートフォリオや実績がないと案件が取りづらいので、とにかくまず独学する必要はあります。

ちなみにですがこのクラウドソーシングサイトで働くことも「フリーランス」なので、安定はしませんがクラウドソーシング専門のフリーランスプログラマーとなることもできるでしょう。

スキルと実績ができて初めて在宅フリーランスプログラマーになれる

プログラミングスクール、独学、アルバイト、クラウドソーシング、いろんな手段で基礎知識と小さな実績を身に付けたら、正社員orフリーランスのプログラマーになれるでしょう。

そこでさらなるスキルと実績を身に付けて、やっとこさ在宅フリーランスプログラマーを現実的に目指せます。

在宅フリーランスプログラマーというのはそれだけ難易度の高い職業なのです。

在宅フリーランスプログラマー案件の探し方

実際に案件を探す場合の手段はたくさんありますが、基本はエージェントを利用することになるでしょう。

エージェントはフリーランスと企業を結ぶ仲介業者ってかんじのサービスです。

サービスによりますが、とにかく案件数が多く自分のスキルに見合った案件を探してくれるのでフリーランスプログラマーには欠かせません。

在宅案件はやはり少ないですが、スキルや実績があれば高確率で案件を獲得できるでしょう。

エージェントサイトを利用するなら、「PRO WORKS-プロワークス」のような保証やボーナスなどうれしいサービスがついているとこがおすすめです。

まとめ:とにかくまずは勉強じゃ!

業界未経験から在宅フリーランスプログラマーになるならスキルと実績作り

これを徹底的にあたまにぶち込みましょう!

タイトルとURLをコピーしました