引きこもりたい人に必要なもの全て【引きこもりガチ勢の全知識】

神在宅・ビジネス

本記事は、以下のような悩みを持つ方に向けて情報を紹介していきます!

A太
A太

ひとりでのんびり家で過ごしたいけど実現方法がわからない・・・

B男
B男

在宅勤務の人が知っておくべき情報ってなんだろう?

C美
C美

外で活動するのが苦手だから引きこもって生活したい・・・

D子
D子

コロナウイルスで突然在宅勤務になったけど、引きこもる上で必要なものってなんだろう?

引きこもり生活はストレスフリーで幸せと感じる人が多くいますが、実際に引きこもるとなると必要なものや情報不足に悩まされることが多々あるかと思います。

ということでここでは、

引きこもり生活 に 必要なものと 情報 を 全て

を、現役引きこもりガチ勢のブログ主が紹介していきたいと思います!

注意!この記事はめっちゃ量が多いので、必要な情報のみ知りたい方は目次から飛んでください!

今回の内容は

・グッズ
・サービス
・食事
・衣服
・美容健康
・仕事
・学校
・運動
・光熱費

これら9つに分けて紹介していきます。

もくじ

引きこもりるために必要なもの【グッズ編】

引きこもる上で持っておくべきアイテムは全部で5つ!

これさえあれば、引きこもり生活で困ることはまずないでしょう!

グッズ編1:パソコン

パソコン

引きこもりに一番必要なアイテム、パソコン

パソコンたった1台あれば、完全在宅勤務 または オンライン上で学校に通うことが可能になります。

とはいえパソコン1台で数万はしますから、「パソコン高いからなあ・・・」なんて悩むことはありますよね。

しかし在宅勤務ができるということは、今まで使っていたはずの交通費が不要になります。

ということは、初期投資として数万を妥協することができれば、

・ストレスフリーな完全引きこもり生活を実現
・浮いた交通費分で好きなものを買う & PC代を回収

と一石二鳥になるので、買って損することはまずありえないと言えるでしょう。

在宅勤務に向いてるパソコンとは?

基本的には、以下の条件をクリアしていれば問題ないでしょう。

・メモリ8GB以上
・SSD搭載(128GB以上)
・WEBカメラ付き
・Microsoft Office付き

必ずしも条件をクリアしなければならない、というわけでもないのですが、やはり安すぎるパソコンやスペックの低いパソコンだと仕事に多大なストレスを与えます。

ブログ主は昔スペックの低いノートパソコンで在宅勤務をしていたことがあるのですが、ブラウザウィンドウ2つ開いただけでかくついたり、パソコン本体が熱くなったりと弊害だらけでした。

なので、前述した条件はできればクリアしておくと良いでしょう。

ちなみに全ての条件をクリアしていて5万以下で買えるおすすめのPCはこちら。

以下の記事でこちらのPCを詳しく紹介しているので、パソコンをまだ持っていない方は合わせて読んでみてください。

在宅勤務におすすめのノートパソコン 1 選【5万円以下でOffice付】
GLM-14-J3160-240-2019はスペックが十分で仕事に困らないだけでなく、「Microsoft Office 2019」や「WEBカメラ」などが搭載されており、これ一台で在宅勤務に移行することが可能になります。それでいて値段が40,000円と超お手頃価格になっています。ここではその理由について解説します。

グッズ編2:ヘッドセット

在宅勤務をするのであれば、通話会議などでヘッドセットが必要になってきます。

とはいえ通話会議ができればいいので、PCに付いてるマイクやイヤホンのマイクでも基本的には問題ありません。

ただひとつ知っておいてほしいのですが、音質の悪いマイクや広範囲の音を拾うマイクを使用していると、どうしても通話相手はストレスを感じてしまいます。

聞いてる側になると、ザーザー音が聞こえたり機械や環境の音が入っていると不快に感じますよね。

通話相手のことを気遣うのであれば、ある程度マイク音質のいいヘッドセットを使う方がいいのではないでしょうか。

ちなみにマイク音質がきれいで長時間使用でも問題なく使えるヘッドセットは、↓こちらが評価が高く在宅勤務に向いています。

・マイク音質はこもることなくきれいに聞こえる
・イヤーパッドのつけ心地もよく使用感も最高と口コミが見受けられます。

グッズ編3:コードの長さが2m以上のスマホ充電器

引きこもりたい欲がある方ならきっとわかると思いますが、充電器がある位置まで移動するのってダルくないですか?

引きこもりポジションが固定ならケーブルが短くても困りませんが、ちょっと移動しただけで充電ケーブルが届かないのって意外とストレスだと思うんですよね。

なので極力動かなくてもいいように長い充電ケーブルを用意しておく良いでしょう。

ちなみにおすすめの長さは2.5m〜3mで、結構長く困ることはないです。

グッズ編4:ブランケット

引きこもって運動不足となると発症してしまう、冷え症。

仮に今冷え症じゃなかったとしても、引きこもるのであれば1枚持っておきたいところです。

あまり知られていませんが、ブランケットは意外と汎用性が高くて便利に使えます。

・足が冷えたら足にかける
・肩が寒いなら肩にかける
・使わない時は座布団に

また、購入するのであれば以下のような洗えるタイプを選ぶと良いでしょう。

グッズ編5:布団クリーナー

引きこもると、布団やベッドの上にいる時間は人よりも多くなるでしょう。

ということは、布団を干す機会は当然減りますし、全く干すことがなくなる方も実際に存在しています。

となるとどうなるかというと、見えないダニの死骸やウイルスやらハウスダストが大量に布団に溜まっていき、最悪病気の原因となってしまいます。

布団クリーナーがあれば、布団を干すことなくダニの死骸やハウスダストを取り除けるので、引きこもりにとっては神のようなグッズです。

以下のような1万円で買えて性能も高い布団クリーナーであれば、比較的手頃に入手可能となるでしょう。

グッズ編おまけ:あると便利なもの

必須というわけではないですが、あるとかなり重宝するものを3つ紹介していきます!

グッズ編おまけ1:パソコンアーム・スマホアーム

スマホアーム

寝ながらスマホ持つのって、結構疲れませんか?腕痛いし、スマホ落としたらめっちゃ痛いし・・・。

そんなときパソコン・スマホアームがあると、寝ながら操作可能な超絶楽な生活を送ることができます。

アームのいちばんの良さは、場所を選ばないこと。

寝ながらスマホやパソコンをいじれるのはもちろん、キッチン、デスク、そこら辺の段差、どこにいてもアームは機能します。

スマホアームなら、以下のような360度自由自在なタイプが使いやすいと評判です。

PCアームならしっかりと固定できることを重視した方がいいので、以下のようなしっかりとしたタイプのアームを選ぶと良いでしょう。

グッズ編おまけ2:延長コード

延長コード

充電ケーブルと似たような話になるのですが、移動するとケーブルが届かない問題はやはりストレスになってきます。

ひとつ余計に持っておいたり、以下のようなUSBをさせるタイプがあるとかなり重宝するでしょう。

グッズ編おまけ3:人をダメにするクッション

人をダメにするクッション

人をダメにするクッションは、ガチで人をダメにするぐらいマジで使い心地いいです。

引きこもるなら1つは持っておきたいところ。

引きこもりるために必要なもの【サービス編】

続いてはサービスです。引きこもるなら使っておきたいサービスを5つ紹介します!

サービス編1:通信制限がないインターネット回線

インターネットは引きこもりに必須のサービスですが、そんなインターネットに制限があってしまっては元も子もないですよね。

在宅勤務のことも考えると、速度が早くて安定したインターネット回線が必要となります。

基本的には光回線するかと思いますが、光回線にも良し悪しがあるので、回線を選ぶ際は「最大速度」と「料金」に注意しましょう。

おすすめは「NURO光」という種類です。

NURO光を取り扱っているフルマークスは、下り最大速度は2Gbpsと超高速なのに料金が月4000円台と通常の回線とほとんど変わりません。

サービス編2:とにかく安い通信キャリア

スマホ

引きこもりにスマホのインターネット通信はもはや必要ありません。

家のインターネット回線があれば基本は困らないでしょう。

しかし電話番号が必要だったり、外出時にインターネットが必要になることもあるので、一応キャリアは抱えておくことになります。

なので、電話番号さえあればいいという考え方でとにかく料金が安い通信キャリアに乗り換えると良いでしょう。

使った分だけの支払いで済ませたいなら、エキサイトモバイルへの乗り換えがおすすめです

サービス編3:クレジットカード

引きこもりの買い物は全てネット上で行うため、クレジットカードは必須です。

代金引換は現金をおろす手間や代引き手数料の発生でデメリットが大きく、銀行振り込みは振り込むための手間がめんどうです。

クレジットカードで買い物ができればいいので、種類はどこでも問題ないでしょう。

サービス編4:ネット振り込み可能な銀行口座

たまーにクレジットカードが使えないネットショップとか、家賃や行政的な支払いで銀行から振り込むことがあります。

そんなときの対策として、ネット振り込み可能な銀行口座は1つもっておきましょう。

サービス編5:YouTube Premium

YouTube

引きこもりならほとんどの人が利用しているであろうYouTube。

外出時よりも利用時間は増えることが多いため、広告のストレスに晒される機会は多くなります。

YouTubePremiumは月1,180円と若干高い気がしますが、広告のないYouTubeはめちゃくちゃストレスフリーなのでブログ主的におすすめです。

引きこもりるために必要なもの【食事編】

食事編では、食事や配送など関連する情報を紹介していきます!

食事編1:買い出しは全てSEIYUネットスーパー

SEIYUネットスーパー

激安スーパーでおなじみ「SEIYU」ですが、楽天にて「 SEIYUネットスーパー 」というショップが展開されています。

いつものお買い物感覚でネットショップが利用できるだけでなく、通常のネットショップには少ないお惣菜なども購入することができます。

配送は最短で翌日で、お近くのSEIYUから直接商品を届けてくれます。

5000円以上の購入で送料が無料になるので、食材や日用品をまとめ買いしちゃえばOKです。

食事編2:食材は基本買いだめ

SEIYUネットスーパーで送料がかかってもいいなら頻繁に買い物はできるでしょう。

しかしそれだとしても、食材が切れた時や急に必要になったものが出た時は外へ買い物に行かなければなりません。

ブログ主は外へ買い物に行くのすら嫌な超絶引きこもり人なので、食材が切れることのないよう常に買いだめしています。

買いだめできる食材は以下の記事でまとめているので、消費期限などが気になる方は見ておくと良いでしょう。

買いだめできる食材や食品14選【在宅勤務・引きこもりの味方】
在宅勤務や引きこもりの方にとって、買い物という行為はちょっとめんどうだったりします。買い物だけのために準備してとか、何度も外出るとか、腰重たいですよね・・・。そんなわけで今回は買いだめしておける食材や食品14選をまとめました!引きこもりガチ勢の僕が厳選したので、在宅勤務中や引きこもりの方に参考にしていただけます!

食事編3:食器を洗いたくないなら?

料理が趣味でない限り、食器洗いが楽しいと思える人は間違いなくいませんよね。

食器洗いをしたくないのであれば、以下の3択から手段を選ぶことになります。

・使い捨てのお皿(紙皿やプラスチック皿)
・お皿不要の食品(そのままレンチン系)
・食器洗浄機

多くの人は食器洗浄機を思い浮かべるかと思いますが、食器洗浄機自体を洗う手間も出てくるので注意が必要です。

↓このようなレンチンできる紙皿であれば、値段も安く食器洗いをすることも一切ないので、ブログ主的におすすめです。

食事編4:料理をしたくないなら?

基本的には、SEIYUネットスーパーでパックご飯冷凍食品お惣菜を購入すれば解決はします。

しかしそれだけでは栄養が偏ってしまい、肌や健康状態に影響が出て最悪病気になる可能性も十分に考えられます

そこでブログ主が利用しているのが、食品配送サービスである「NOSH -ナッシュ-」です。

NOSH ナッシュ 弁当配送サービス

ナッシュのお弁当は管理栄養士と一流のシェフによって考え作られており、ヘルシー食品としてダイエットをする方にも人気です。

高そうなイメージですが、1食あたり500円とコンビニ弁当と大差ない価格で食べれるのもまた魅力ですね。

食品配送サービス「nosh-ナッシュ-」の弁当がすごいので解説
メディアでも取り上げられている今超話題の「nosh-ナッシュ-」。食品配送サービスとして展開していますが、その実態はどのようなものなのか?結論から言うと、ヤバイです。ここでは、在宅で働く人目線で「nosh-ナッシュ-」について紹介していきたいと思います。

引きこもりるために必要なもの【衣服編】

衣服編では、引きこもりにおすすめの衣服や洗濯術を紹介していきます!

衣服編1:夏場の服装

夏場は基本的にTシャツ短パンがあれば困ることはありません。

しかし1日中着ることになりますから、洋服に吸われた汗の量を考えると毎日着替えておきたいところ。

大体5着〜7着あれば洗濯は追いつくでしょう。

さらにいえば、生地は速乾性のあるものが夏場は着やすく、↓のようなスポーツウェアや、

↓のようなゆったりとしたパジャマが引きこもり的にはおすすめです。

衣服編2:冬場の服装

冬場は当然寒くなりますから重ね着しがちですよね。

しかし重ね着をすると、その分洗濯物の量も増えて日々の手間が増えることになります。

できるだけ手間を省きたいなら、1着で十分暖かい服を着るようにしましょう。

ちなみに↓こんな感じのもこもこ生地のパジャマは着心地が良くて過ごしやすいです。

衣服編3:冷え症対策のルームソックス

引きこもることで運動不足となり発症するのが冷え症。

ブログ主も足の指先が保冷剤かってぐらい冷たくなっていてかなり悩んでいます。

そこでルームソックスを履いていれば断熱効果はもちろん、血流促進効果も期待することができるので、より健康な体質を維持することもできるでしょう。

引きこもりにおすすめのもこもこソックス5選【冷え症対策グッズ】
引きこもって生活していると運動不足となり、年齢性別問わず冷え症になってしまうことが必ずあります。ブログ主も引きこもり続けた結果冷え症をこじらせてしまったので、足の指先はまるで保冷剤かってくらい冷たくなってしまっています・・・。そこで、引きこもりの冷え症におすすめのルームソックスを調べてきました!

衣服編4:外着は1着で十分

買い物、美容室、行政的な手続きなどで必ず外に出る機会は出てくるかと思います。

しかし頻繁に出かけるわけでなければ、外着は1着あれば十分です。

部屋着でも外出できるよ!人に限ってはもはや必要すらないです。

無駄な洋服はメルカリで売るなどで断捨離して、部屋はすっきりさせておいたほうが気分は良くなりますよ。

衣服編5:洋服はたたまずハンガー管理

どうせ着るのに洋服畳む意味ってあると思いますか?結論から言うと皆無です。

洋服を畳む文化は場所の節約として行われていただけなので、言うほど収納場所に困らない今の現代社会であれば、洋服を畳む行為は無駄でしかないでしょう。

1回の洗濯あたりおよそ10分〜20分の畳む行為を止めれば、週に4回選択するとして、1ヶ月16回だとすると、1ヶ月あたりおよそ1時間半〜3時間もの時間が浮くことになります。

そうして浮いた時間は自分の好きなことに割り振ることができますし、ストレスの軽減にもつながります。

洋服はハンガーで干し、乾いたらそのままクローゼットへを実践してみてください!

かける場所がない場合は、↓のような2列のハンガーラックが場所を取らないのでおすすめです。

引きこもりるために必要なもの【美容健康編】

引きこもりとはいえ、美容健康に気遣わないと将来的に体がボロボロになってしまうでしょう。

完璧に気遣わないとしても、頭の片隅ぐらいには入れておきたいところです。

美容健康編1:スキンケア

引きこもれば紫外線を浴びることがないので、肌が綺麗になると思われがちです。

しかし、運動不足、栄養不足、生活リズムの乱れにより、ニキビや肌荒れのトラブルは外出時よりリスクが高くなります。

肌荒れを放っておいてしまうと、ブラックマヨネーズの吉田さんのように肌にクレーターができてしまったり、シミやシワが増えてしまう原因になりかねません。

引きこもりこそスキンケアには気を使うべきであると、長年引きこもり生活をしているブログ主は思います。

美容健康編2:部屋の乾燥には要注意

肌トラブルにも直結する乾燥問題は、引きこもりにとっては天敵です。

長時間乾燥した部屋にいてしまうと、以下のような影響が出てきます。

空気が乾燥してくると水分が体からどんどん発散していくので、うまく水分を補給しないと水分不足による影響が
出てきます。
例えば、むくみ頻尿鼻水関節の痛み胃があれる皮膚のかゆみなど。
体の水分量が減ってくると、血液が濃くなり、血流・血行が悪くなります。この時期、血圧が高くなったり、脳梗塞などが増えるのは、冷えと相まって水分不足の影響があるのです。
また、空気が乾燥するとのどの粘膜も乾燥しがちになり、のどの粘膜が乾くと免疫力が落ちて風邪やインフルエンザウイルスにも感染しやすくなるので注意が必要です。

http://ikeda-hp.com/ikedahp/knowledge/imgr/19.pdf

今はコロナウイルスの感染も懸念しなければなりませんから、自分の身を守るためにも、絶対に乾燥を阻止することを心がけましょう。

加湿器は↓このような1000円台で買える商品も存在し、効果も6〜8畳ほどの部屋であれば十分期待できるので、意外と手軽に入手することができます。

引きこもりるために必要なもの【仕事編】

続いては、自宅で働くことができる職業についてです。

これから紹介する職業を始めることができれば、完全在宅で働くことはもちろん、継続次第で大きく稼ぐことも可能となるでしょう。

ここでは職業を紹介すると同時に、「始めやすい」×「稼げる」に焦点をあてレベル付けをしてみました。

まだ在宅可能な職業に就けていない方はぜひ参考にしてみてください。

難易度★☆☆:WEBライター

WEBライターは、ざっくりいうとインターネット上で閲覧できる記事を書く仕事です。

商品やサービスの紹介、コラム記事、キャッチコピーの作成などが挙げられます。

未経験から始められる難易度の低い職業で、正社員になれば月20万以上は安定して稼げます。

難易度★☆☆:事務・経理

企業やサービスの事務作業を在宅で行う仕事です。

経理となるとある程度必要なものは出てきますが、在宅勤務の中ではだいぶ難易度は低いです。

会社専属で業務をすることになるので、事務・経理も安定して稼ぎやすいです。

難易度★☆☆:自己アフィリエイト・ポイントサイト

自己アフィリエイト・ポイントサイトは、アプリや商品を実際に使ったり資料請求やクレジットカードの作成をすることで稼ぐ方法です。

どこかに務めるわけではなく、完全に個人で仕事を見つけにいく形になります。

安定性はありませんが、ノースキルでもすぐにだれでも始められる気軽さは在宅勤務の中でもトップクラスです。

難易度★☆☆:ネットショップ運用

ネットショップを運営している企業に、正社員や業務委託として務める仕事です。

商品の配送や顧客情報の管理だけでなく、ショップページの更新やメール対応なんかも担当します。

ノースキルでも始められ、正社員となれば収入を安定もさせられるでしょう。

主婦層に結構人気みたいです。

難易度★★☆:WEBデザイナー

こっから難易度2です。

WEBデザイナーは、WEBサイトやスマホアプリの文字やボタン画像配置などのデザインを作る仕事です。

HTML/CSS/JavaScriptという言語を用いてコードを書くこともあります。

ある程度知識は必要ですが、月100万円も夢ではない人気の職業でもあります。

難易度★★☆:プログラマー

プログラマーと聞くと難しいイメージがあるかと思いますが、実際はそんな大したことないです。

もちろんプログラマーになるためには知識が必要なので独学は必要ですが、経験が浅くても高収入が狙いやすい市場価値の高い職業です。

現在プログラマーはとても人材不足のため、全然違う職業から完全未経験で始める方にもチャンスがたくさんあります。

難易度★★☆:WEBディレクター・WEBマーケター

WEBディレクター・WEBマーケターは、WEBサービスの企画・営業・運用を行う、WEBサイト全体に関わる仕事です。

営業と聞くと電話とかでめっちゃ売り込むイメージをしちゃいますが、実際はめっちゃ売り込むようなことはしません。(会社によってはめっちゃ営業させられるので注意)

知識が必要なので未経験から突然始めることは難しいですが、個人での活動や企業でWEBに関するスキルを身に付けることができれば、実務経験が浅くても採用されることがあります。

難易度★★☆:イラストレーター

イラストレーターはその名の通りイラストを書く仕事です。

技術が必要なので気軽には始められませんが、個人でイラストを売ることに成功すれば、収入はもはや計り知れません・・・。

正社員で在宅勤務をするのもありですが、クラウドソーシング系のサービスで自分の絵を自分で売り出したほうが収益化はしやすいでしょう。

難易度★★☆:動画編集

動画編集は、YouTubeや宣伝動画、思い出ムービーなど編集依頼を受けて動画を作成する仕事です。

知識、技術、デザイン性が問われる難しい職業ですが、最近はYouTubeが普及していることもあり、今後さらに注目される職業とも言われています。

今のうちに動画編集を始めることができれば、先々会社に属さなくても個人で月100万を叶えることもできるでしょう。

難易度★★★:アフィリエイト・ブログ

ここから難易度が最大になってきます。

アフィリエイト・ブログは、自分でWEBサイトやブログを開設し、商品を紹介し購入してもらうことで広告収入を得る仕事です。

始めやすさで言えば難易度はめっちゃ低いのですが、稼ぐまでの道のりがとにかく長い・・・。

うまくいけば、1年で月30万稼いでる人や2年で月200万稼いでる人もいるので、忍耐力と向上心が問われる仕事でもあります。

難易度★★★:YouTuber

将来なりたい職業ランキング1位になったこともあるYouTuberですが、ヒットすればめっちゃ稼げます

誰でもスマホ一台で気軽に始められるのも魅力ですね。

ただやはり競争が激しくなっていますので簡単には稼げませんが、動画のコンセプトが市場に出回っていないならチャンスは十分あります。

難易度★★★:株・FX・仮想通貨

株・FX・仮想通貨はつまり投資ですね。

難易度が高いのはだいたいわかるかと思いますが、最近では数百円単位で投資を始めることもでき参入者も増えてきています。

資金がある人は試してみる価値がありそうです。

難易度★★★:せどり

せどりはいわゆる転売で、商品を安く買って高く売ることで稼ぐ仕事になります。

転売と聞くと悪徳な印象がありますが、せどりは中古ショップや買取店と同じようなものなので、現実は正当に稼げる手段です。

ただ相場の調査・初期費用・配送・管理など全て自分で行う必要があるため、工数がかかることがデメリットですね。

難易度★★★:起業

今まで紹介した職業がどれも魅力に感じなかったのであれば、もういっそ起業しちゃうのもアリです。

仕事がないなら作ればいい。

とはいえ資金・設立から実務・営業まで全て自己責任なので、難易度はこれまで紹介したものより遥かに高くなります。

その分成功すれば億万長者も夢ではないので、挑戦できるスキルや経験を身につけておけば起業しやすいでしょう。

引きこもりるために必要なもの【学校編】

学校は基本的には通信制学校を選択することになります。

通信制高校と聞くとあまりいいイメージを持たない方もいますが、一人で学習できるようにしっかりとカリキュラムが組まれていたり、わからないことを質問する体制が充実していたりと、イメージとは反した現実であることが多いです。

学校編1:通信制高校

完全に学校に通わないのは難しいかもしれませんが、週1回のスクーリングやなんちゃら式的な行事さえこなすことができれば、あとは自宅で学習することができます。

スクーリングや授業体制は学校によって変わるので、まずは近くの通信制高校を調べてみると良いでしょう。

ちなみに私立と公立が存在しますが、私立の学費は年間で数十万とすることもあるので、公立を選んだ方が効率的でしょう。

学校編2:通信制大学

通信制高校とシステム的には変わりませんが、学科によっては登校頻度が多い場合もあります。

まずは事前に自分がいきたい学科のシステムを把握し、自分にあった通信制大学を見つけることが先決です。

引きこもりるために必要なもの【運動編】

引きこもれば当然、今まで移動に使っていた運動がなくなるでしょう。

一見するとそれは楽なように思えますが、運動をしない生活を続けていると最悪死にます

決して脅しではなく、事実運動不足が原因で無くなった方はたくさんいます。

できれば毎日何かしらの運動をするように心がけることで、健康や長生きに繋げることができるしょう。

自宅でもできる簡単な運動方法については以下で紹介していますので、合わせて読んでみてください!

家で出来る簡単トレーニング方法5選【外出時以上の運動量】
コロナウイルスの影響もあり、家に引きこもる人が増えると懸念されるのが「運動不足」。運動不足になってしまうと単純...

引きこもりるために必要なもの【光熱費編】

引きこもりの悩みランキングトップクラスに入るであろう光熱費問題

ずっと家にいるわけですから、通常外で働きに出るのに比べると光熱費が1.5倍〜2.5倍は余裕で跳ね上がります。

ということでどうしたら光熱費を抑えられるかを解説していきます。

電気&ガスは使えば使うほど得をする会社に

電気といえば、電気自由化により契約先を自由に選べる時代となりました。

電気の自由化について詳しく知りたい方はこちら

そのため電気料金は必ずしも一定とならず、契約先を選ぶことで電気料金を一気に抑えることができます。

そこでおすすめなのが、使えば使うほど得をする電力会社

例えば通常1日100円使うとして30日使えば3000円になりますが、使えば使うほど得をする場合、30日使って2500円なんてことが可能となります。

おすすめは「 エルピオでんき」という電力会社です。

使った分だけ得をするシステムが採用されてる上、ガス料金をまとめることでさらに安くなります

エルピオでんきについては以下の記事で詳しく解説していますので、光熱費を抑えたい方は必見です。

エルピオでんきが在宅勤務で光熱費を抑えたい人におすすめな理由
コロナウイルスや働き改革によって急増中の在宅勤務。突然「在宅で」と言われて光熱費に戸惑った方は多いと思います。負担するのは自分ですからね。それに電気なんて付けばいいのだから、少しでも安くあることが一番です。で本題ですが、突然在宅勤務になって困っている方にさいつよな電力会社がエルピオでんきです。とにかく安いです。

水道料は気にしなくても大丈夫

水道料金については自由化とかないので、ぶっちゃけどうしようもできないです。

日頃から水の使用量を少しでも減らす努力が必要なので、例えば水を使う料理を減らすとか、食器洗いをしなくても済むようにするとかで対策していきましょう。

全て網羅して最高の引きこもりライフを!

以上で引きこもるために必要なものの紹介でした!

引きこもり生活はまじで最高です。

自分の空間を誰にも邪魔されることなく、好きなことを好きなように好きなだけすることができます。

あなたもぜひ引きこもるためのアイテムと知識を蓄えて、最高の引きこもりライフを目指してみてください!!

タイトルとURLをコピーしました