【悲報】ショートトラックは馬鹿みたいに金がかかるスポーツです

スケート

めっちゃ面白いスポーツなのになんでこうもお金がかかるんだろうなーと悩みを抱えていたので、なぜ金がかかるかどうしたら金がかからないのかを解説しようと思い記事にしました。

ショートトラックを知らない方でも読めるようにまとめましたので安心してください。

ショートトラックにお金がかかる最大の理由

ショートトラックにお金がかかる最大の理由は、靴がクソたけえことです。本格的に始めるなら初期費用として靴だけで50,000円〜100,000円の予算を用意しないといけません。

といってもそれはかなり安い方。

そもそも靴といってもブーツとブレードに分かれ、基本的には別々で購入することになります。

ひと世代前の靴orブーツとブレードがセットになっている靴

セットになって販売されているものや、↓のようなひと世代前の靴でしたらだいぶ安く買うことができます。

引用元の楽天市場

ただ本格的に始めるとしてそのような靴だとスピードは出にくいです。

安いといいましたがこれでも新品で20,000円以上するので、ここからさらに闇をみることになります。

問題のブーツとブレードですが、ブーツはさらに既製品とオーダーに分類されます。

既製品ブーツ

既製品はその名の通り量産されているもので、購入する場合1足30,000円〜50,000円の既製品ブーツが推奨されます。

これはあくまでブーツだけでブレードは含みません。既にヤバイですね。

既製品ブーツにもグレードはあり、その金額は結構安い方です。

素材にこだわったクオリティの高い既製品ブーツだと、1足で100,000円を超えます。

その分滑りやすさやスピード具合は変わってくるので実際に購入している選手はたくさんいます。金持ちかよ。

オーダーブーツ

オーダーブーツは選手の靴の形をとりその選手のみが特化して使えるような特注品なのでクソたけえです。トップクラスの選手の多くはこのオーダーブーツを使用しており、金額は差がありますが1足150,000円〜300,000円にもなります。

オーダーブーツは見なかったことにしましょう!

ブレード

ブレードの相場は1足分で10,000円〜60,000円ぐらいです。ブーツと比べて易しく見えてしまうのは既に麻痺していますね。

こうしてブーツとブレードをそれぞれ購入し装着させることで初めて靴が完成します。

やっとショートトラックを始められる、と思いきやまだ用意するものはたくさんあります。

ユニフォームと防具

ショートトラックの大会に出るなら必須道具であるユニフォームと防具も揃えなければなりません。

靴ほど鬼ではないですが量が多いです、内訳はこんな感じ

ユニフォーム20,000円〜50,000円
ヘルメット10,000円〜20,000円
手袋と指先チップ5,000円〜10,000円
ネックガード5,000円〜10,000円
レガース2,000円前後
好みでサングラスとスポーツ用ソックス5,000円〜20,000円

靴以外を揃えようとしても100,000円近くの予算を用意しなければなりません・・・。

靴と合わせて150,000円ほど見積もっておけば最低限のものは新品で用意することができます。

さてこれでショートトラックを始める準備はできました。

が、安心してはいけません。ショートトラックは定期的にブレードのメンテナンスが必要となります。

これがまたクソたけえ。

ブレードのメンテナンス道具がヤバイ

ブレードのメンテナンスといっても、主に3種類あります。

・ブレードを研いで氷へのグリップ力を維持するメンテナンス
・ロックといって、氷に接する部分をカーブさせるメンテナンス
・曲げといって、進行方向にブレードに曲げをつけるメンテナンス

一番頻度が高いのがブレードを研ぐメンテナンスで、本格的に始めるなら自分で定期的にブレードを研ぐことが必要です。

ブレードを研ぐメンテナンス

ブレードを研ぐためには3つの道具が必要になります。

①研ぎ台
②砥石ひらべったいやつ
③砥石ちっちゃいやつ

研ぎ台にブレードをセットし、ひらべったい砥石でバリと呼ばれるブレードのいわゆる切れ味見たいなものを出した後に、ちっちゃい砥石でバリ落としと呼ばれる仕上げ作業をします。

それらの道具の金額は、研ぎ台で20,000〜40,000円ほど、砥石はそれぞれ10,000円から高いものだと50,000円ほどにもなります。これが本格的にショートトラックを始める場合の必須道具ですから、人口の少なさにも納得がいくような・・・。

ロックと曲げのメンテナンス道具

これは割と実施していない選手もいます。

道具はそれぞれ50,000円〜100,000円代になります。(こればっかりは情報が少ないから実際の相場はもっと上かも)

これも見なかったことにしましょう。

道具をフルで揃えた場合の費用

ざっとこんな感じでしょうか。

・ブーツ40,000円
・ブレード20,000円
・ユニフォーム30,000円
・ヘルメット15,000円
・手袋と指先チップ8,000円
・ネックガード8,000円
・レガース2,000円
・サングラスと10,000円
・スポーツ用ソックス3,000円
・研ぎ代30,000円
・砥石2種類30,000円
合計196,000円

あくまでざっくりなんで参考程度ですが、初期費用でこれはヤバイですね。

単身の引越しかって。

どうしたら費用を抑えられるのか?

まず靴は絶対購入ですが、初心者であればブーツとブレードがセットになって販売されているものでも十分滑れますし、縁があればクラブチームの方に中古品を安く提供してもらえるかもしれません。

防具に関しては中古品として提供してもらえることは少なかったりするので、ここだけは必要出費として考えておくべきでしょう。

メンテナンス道具は人から借りるとか、道具を持っている人に定期的にお金払ってメンテナンスしてもらう方法も取ることができるので、必ずしも買わなければいけないということはないです。

極限まで頑張れば50,000円以内で本格的に始めることも可能でしょう。

まとめ:人に頼る

中古品の購入やめっちゃいいひとがいたらただで譲り受けるなんてこともなくはないので、費用を抑える方法は考え方次第です。

国内にはショートトラック用品が世界に比べて圧倒的に少なく、上位選手でさえも入手に困る時があるほど。

いろいろ苦労はありますが、めちゃくちゃ面白いスポーツなんで、興味があればぜひ始めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました