買いだめできる食材や食品14選【在宅勤務・引きこもりの味方】

食材 食べ物 食品引きこもり

在宅勤務や引きこもりの方にとって、買い物という行為はちょっとめんどうだったりします。

買い物だけのために準備してとか、何度も外出るとか、腰重たいですよね・・・。

そんなわけで今回は、引きこもりに役立つ買いだめしておける食材や食品14選をまとめました!

引きこもりガチ勢の僕が厳選したので、在宅勤務中や引きこもりの方に参考にしていただけます!

買いだめしておける食材や食品14選

食材は保存方法でジャンル分けしました。

・常温保存
・冷蔵保存
・冷凍保存

それではさっそくみていきましょう!

常温保存できる食材・食品

まずは常温保存可能な食材たちです。

常温保存は温度さえ安定していれば場所はどこでもいいので、置き場所に困らない便利な食材ですね。

お米・パックのご飯

通常のお米の消費期限はおよそ2ヶ月ほどだと言われています。

ブランドや種類にもよるのであらかじめ確認する必要はありますが、基本的には長く持つため買いだめしておけるでしょう。

そしてそのお米よりも長く持つのがパックご飯で、なんと1年近くも保存ができます。

調理不要、お皿不要、味問題なし、というメリットを考えるとパックご飯が圧倒的ともとれますね。

ちなみにブログ主は↓こんな感じでパックご飯を常に買いだめしています。

乾燥麺

乾燥麺は、パスタ蕎麦そうめんなどが該当します。

場所を取りにくく料理のレパートリーが豊富なのが魅力ですね。

パスタならおよそ3年の消費期限と、非常に長く保存することができます。

調理が楽なので忙しい方や料理が苦手な人にもとてもおすすめです。

海藻類

乾燥して売られている海藻類なら、およそ1年保存することができます。

海藻は種類があるので飽きずらく、汁物にいれるだけなど調理不要でもあるのでとても便利です。

例えばわかめ、こんぶ、のりといった食品が該当しますね。

値段が安いこともあり、買いだめするにはもってこいの食材と言えるでしょう。

粉類

小麦粉、片栗粉、ホットケーキミックスなどの粉類は、消費期限が6ヶ月〜1年と非常に長く扱いやすいです。

調理が必要ですが、手間を妥協すれば料理の幅や他の食材の節約が大幅に実現できます。

場所は取らない反面なかなか使いきれないこともあるので、買いすぎて

「気づいら消費期限過ぎてた」

なんてことにならないように注意しましょう。

レトルト食品

レトルト食品は買いだめできる食材の王道ともいえます。

消費期限は2ヶ月〜1年と様々な種類があり、とにかくレパートリーが多く飽きることがないのが魅力です。

しかし味付け的な要素が強いので、おなかいっぱい食べたい方はレトルト食品意外の食材を買いだめすると良いでしょう。

缶詰

賞味期限において最強の食材、缶詰です。

なんと5年〜10年も保存ができます。

最近ではいろんなおかずの缶詰が増えてきており、選ぶのもなかなか楽しいです。

ただちょっとおかずとして量が少ないので、そこだけ妥協は必要かもですね。

カップ食品

カップ食品は、カップ麺、カップスープなどが該当します。

消費期限は半年と決められた商品が多いようです。

手軽さでいえば圧倒的ですね。

「冷蔵」保存で買いだめできる食材・食品

つづいては「冷蔵」で保存する買いだめ食材です。

冷蔵保存食品の中でも特に長持ちする食品をピックアップしました。

ソーセージ

ソーセージはおよそ2週間弱は持ちます。

おなかにたまるしおいしいし味付け次第で飽きないし、結構汎用性が効くので個人的におすすめです。

こんにゃく

こんにゃくは冷蔵食材の中でも特段消費期限が長いことが魅力です。

およそ半年〜長くて1年も保存することができます。

食べるには火を通す必要がありますが、刺身こんにゃくという生で食べられるこんにゃくも存在します。

水煮品

水煮品は真空で保存されているものが多く、消費期限は長めです。

基本的には3ヶ月〜1年を見ておくと良いでしょう。

種類は、たけのこ、大豆、しいたけ、なめこなど意外と豊富で、調理方法もたくさんあるのでいろいろ買い揃えるのもありですね。

「冷凍」保存で買いだめできる食材・食品

最後は「冷凍」で保存する食材です。

買いすぎると冷凍庫に入らなくて積むので注意してくださいね。

生肉は冷凍しておけばおよそ1ヶ月持ちます。

具体的な消費期限が定められていないので、人によっては2ヶ月保存することもあるようですが、1ヶ月を目安とすると良いでしょう。

場所は取りますが肉はおかずにおいて重要な役割をはたすので、できるだけ多くストックしておきたいところですね。

冷凍野菜

生野菜は栄養を取ることができますが、消費期限はわずか数日なのに調理の手間がかかりネックですよね。

一方冷凍野菜は、茹で済みの商品もあるので手軽に食べることができますし、消費期限が2ヶ月〜3ヶ月、長いものだと1年と買いだめにも適した食品となっています。

引きこもりなら栄養不足には特に気遣わなければいけませんから、定期的に冷凍野菜で栄養摂取するのもいいかもしれませんね。

冷凍食品

冷凍食品は、食品にもよりますがおよそ1ヶ月〜4ヶ月持つと言われています。

冷凍食品の魅力はなんといっても種類の多さ

からあげ、ハンバーグ、うどん、餃子、パスタ、コロッケ、チャーハン、あげたらキリがありません。

パン

パンは冷凍保存すれば、およそ1ヶ月持たせることができます。

菓子パンや惣菜パンなどで使われている食品で左右されることもありますが、それでも2週間ほど持たせることも可能です。

米や麺類ばっかだとどうしても飽きが出てくるでしょうから、たまにパンの日を作るためにストックしておくのもありかもしれませんね。

まとめ

以上が買いだめしておける食材や食品14選でした。

消費期限の対策をしっかりした上で、より良い引きこもりライフを送っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました