在宅勤務におすすめのインターネット回線3つ【目的別にピックアップ】

インターネット回線 光在宅・ビジネス

コロナウイルスの影響もあり在宅勤務の人が急上昇中の今、インターネット回線について見直している人は多いのではないでしょうか。

そこでここでは、そんな在宅勤務の人に向けたおすすめのインターネット回線を3つ取り上げました。

それぞれ

速度重視」「安さ重視」「無線

の3つの目的からピックアップしているので、環境にあった回線が見つかるようになっています。

在宅勤務におすすめのインターネット回線3つ

目的別おすすめのインターネット回線はこちらです。

①速度重視なら「NURO光 by So-net

②安さ重視なら「excite光

③無線がいいなら「BIGLOBE WiMAX 2+

それぞれ解説していきます。

①速度重視なら「NURO光 by So-net」

NURO光は下り最大2Gbpsの超高速回線です。

どれぐらい速いかをざっくりいうと、通常の回線の2倍以上の速さです。

【NURO光が速い理由】

速度の理由は、ダークファイバーが使われているから。

通常使われていない予備の配線を「ダークファイバー」と呼びます。

元々NTTが予備で設置した配線なのですが、総務省が2001年にダークファイバーの開放を義務付けたため、NTTによる回線の貸し出しが始まりました。

ダークファイバーは通常使われていないので回線混雑率が低いだけでなく、「G-PON」「XG-PON」という分岐技術を採用しているため、通常より速い速度を実現することができるのです。

PONについて詳しく知りたい方はこちら

NURO光のメリットは速度だけではなく、月額費用が安いことにもあります。

画像にも乗っていますが、月額4743円で利用できます。

NURO光が安い理由

予備の回線とはいえ、回線を所有しているNTTはダークファイバーを管理しなければなりません。

管理には人件費や時間などのコストが大きくかかるため、格安で貸し出しを行い、管理によるコストを削減しているのです。

NURO光の注意点

高速で低価格なNURO光ですが、注意点もあります。

【NURO光の注意点】

・対応エリアが限られる

・開通工事に時間がかかる場合がある

「NURO光 by So-net」の対応エリアはこちら

【関東】東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県
【関西】大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
【東海】愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
【九州】福岡、佐賀

首都圏を中心としたエリアは対応してますが、少しでも外れてしまうと利用できません。

また、回線の貸し出しということもあり、工事に1ヶ月〜2ヶ月を要することもあるので、引越しシーズンなど契約が殺到する時期は避けた方がいいでしょう。

申請時期は6月〜12月がおすすめ

混雑時期を避けられれば1ヶ月以内の工事が可能でしょう。

速度×安さにおいて「NURO光 by So-net」は非常におすすめなので、快適なネット環境で在宅勤務をしたい方はぜひ検討してみてください。

「NURO光 by So-net」の申し込みはこちらのページからできます

②安さ重視なら「excite光」

マンションだと月額3360円と格安で利用できるのが「excite光」。

また、他社からの乗り換えでマンションタイプ月額2560円(1年間)になるキャンペーンも実施されてるので、安さがとにかく圧倒的。

速度は下り最大1GbpsとNURO光に比べると劣りますが、仕事をするには十分な速度です。

「excite光」が安い理由

通常ネット回線は「光回線」と「プロバイダ」を別々で契約します。

ちなみにプロバイダとは、光回線をインターネットにつなぐために必要なサービスです。

しかしexcite光は、「光回線」と「プロバイダ」をセットで販売しているサービスのため、低価格を実現できるのです。

夜は速度に注意

昼間は十分な速度と安定性が実現できますが、夜の回線混雑時は遅くなることがあります

しかし、「完全にネットが止まる」とか「WEB閲覧だけで相当遅い」ということはなく、あくまで高負荷な通信において遅くなるようです。

そのため、メールやWEB閲覧といった業務においてはストレスなく利用可能です。

できるだけ安く安定性を求めるなら「excite光」がおすすめ

工事費無料キャンペーンも実施中なので、安さ重視ならexcite光が圧倒的

エンジニアや動画編集者など、高負荷な通信作業が必要な仕事には勧めませんが、ネット閲覧やメール対応などの業務であれば速度は十分です。

とにかくコストを抑えたい方はぜひ検討してみてください。

「excite光」の申し込みはこちらからできます

③無線がいいなら「BIGLOBE WiMAX 2+」

ネット回線について以下のような悩みを抱える方は多いかと思います。

「回線工事ができない・・・」
「工事費用が高い・・・」
「有線をひける環境にない・・・」
「家でしか繋げないのはきつい・・・」

工事や持ち運びについてお悩みであれば、WiMAXで解決できます。

ポケットWi-Fiなどとも呼ばれるインターネットですね。

【「BIGLOBE WiMAX 2+」のメリット】

・端末ひとつでどこにいてもネットが使える

工事不要、なので当然工事費も不要

ネット使い放題

月3980円

初期費用の安さやお手軽さにおいて、WiMAXは非常におすすめといえます。

ただ、「無線」という点において、どうしてもデメリットが発生してしまいます。

WiMAXのデメリット

最大のデメリットは通信速度通信制限です。

通信速度と安定性は、有線に比べ劣ります

最大速度は有線とほぼ変わらないのですが、結局のところ論理値なので、実際はずっと遅いです。

また、物理的障害や電子レンジを使用したときなんかは、ネットが使い物になりません

さらに「ネット使い放題」について、たしかに使い放題ではあるのですが、

3日間で10GB以上使用したら、次の日の18時〜2時までの8時間通信が遅くなる

というデメリットがあります。

この通信制限はどのWiMAXでも混雑防止のために実装されてるので、仕方ないといえば仕方ないです。

でも仕事をする上で制限を食らうのは結構きついはずなので、正直あまりお勧めしません。

どうしても無線でなきゃいけない人のみ「BIGLOBE WiMAX 2+」を使いましょう

「工事ができない建物」とか、「工事費用が高くつく建物」とかだと光をつなぐことは難しいでしょう。

そういった場合であれば、「BIGLOBE WiMAX 2+」が良いでしょう。

ただ長い目で見るなら間違いなく光のほうがいいので、これまで紹介した「NURO光 by So-net」か「excite光」も一応検討してみてください。

「BIGLOBE WiMAX 2+」の申し込みはこちらからできます

まとめ

それではまとめです。

【在宅勤務におすすめのインターネット回線】

①「NURO光 So-net」
  メリット
    ・とにかく回線速度が速い、ストレスなし
    ・通常の回線よりも月4743円と安い
  デメリット
    ・対応エリアが少ない
    ・時期によっては工事が遅れる

②「excite光」
  メリット
    ・月額利用料がマンションタイプで月3360円と安い
    ・乗り換えでも新規でも減額キャンペーン中
  デメリット
    ・「NURO光 So-net」に比べて速度は劣る
    ・夜は通信が遅くなることがある

③「BIGLOBE WiMAX 2+」
  メリット
    ・端末1台だけでネットが使える
    ・工事も工事費も不要で時間とコストを削減できる
    ・持ち運び可能
  デメリット
    ・速度が遅く安定性のなさがきつい
    ・通信制限に割と到達してしまう

それぞれ一長一短ですが、やはりNURO光が圧倒的に優秀です。

対応エリア外の方には非常に残念ですが、NURO光を利用しない手はないでしょう。

まずは今の環境費用を考慮してからどの回線が向いているか決めるのが最善です。

タイトルとURLをコピーしました