在宅のイラストレーターになる方法【未経験でもなれる】

イラストレーター パソコン在宅・ビジネス

在宅のイラストレーターになるための方法について調査しました。

本記事はこんな悩みを抱えている人におすすめです。

「イラストレーターは在宅でも働けるの?」

「在宅イラストレーターになるのに必要なものは?」

「未経験でも在宅イラストレーターになれる?」

結論から言って誰でも在宅イラストレーターになれます

早速解説していきます。

在宅のイラストレーターになるための方法

すぐに求人サイトに応募したりはせずに、順を追っていく必要はあります。

まずは「必要なもの」と「雇用形態」について見ていきましょう。

必要なものと環境を揃える

なんの道具もなしに在宅で働くことはできません。

実際に必要となるものはこちら。

【在宅イラストレーターに必要なもの】

・そこそこのスペックのパソコン

・ペンタブレット

・通話会議や通話面接用のヘッドセット

・安定したインターネット回線

在宅でイラストレーターを目指すなら、これらの道具と環境が大前提

特にパソコンのスペックは、「Illustrator」や「Photoshop」といったツールを使用するためには絶対条件です。

以下の記事で、それぞれ必要なものの詳細を解説しているので、合わせて読んでおきましょう。

在宅勤務の通話で使えるヘッドセット目的別おすすめ3選
突然在宅勤務にさせられた影響で、自宅での仕事環境を揃わせざる追えなくなった方は多いのではないでしょうか?特に、通話会議で必須とも言えるヘッドセット選びは早めに終わらせておきたいところ。この記事ではそんな方むけに、目的別にピックアップした在宅勤務の通話におすすめのヘッドセットを3つ、紹介していこうと思います。
在宅勤務におすすめのインターネット回線3つ【目的別にピックアップ】
コロナウイルスの影響もあり在宅勤務の人が急上昇中の今、インターネット回線について見直している人は多いのではないでしょうか。そこでここでは、そんな在宅勤務の人に向けたおすすめのインターネット回線を3つ取り上げました。「速度重視」「安さ重視」「無線」の3つの目的からピックアップしているので、環境にあった回線が見つかります。

正社員か個人事業主(フリーランス)かを決めよう!

道具を揃えたら、次は雇用形態を決めます。

在宅とひとくくりにいっても、正社員か個人事業主(以下フリーランス)かで方法が変わるからです。

それぞれメリットデメリットを解説していきます。

正社員のメリット

給与が安定している

福利厚生が手厚い

・保険が効く

何もしなくても仕事がくる

・「Illustrator」などのツール代金を負担してくれる

社会的信頼が得られやすい

経験を付けたい方安定性を重視したい方は正社員が良いですね。

社会的信頼は引越しやローン契約の際にはとても役に立つので、安心感があります。

正社員のデメリット

昇給額が非常に少ない

・勤務時間に縛られる

・残業は逃れられない

・自分の描きたいイラストは描けない

安定はしているものの、自由度の低さが非常に辛い現実にあります。

在宅だからとて自由に働けると思っていると後悔することになるでしょう。

フリーランスのメリット

・時間や場所にとらわれない自由な働き方ができる

・スキルにもよるが月30万〜50万は実現可能

・やり方次第でどんどん昇給できる

・自分のやりたい仕事をピックアップして探せる

フリーランスはとにかく自由度の高い働き方を実現することができます。

ひとりで手が回らなくなったら人を雇うこともできるため、起業を視野に入れることも可能です。

また、稼ぎやすく出世しやすいのも特徴です。

フリーランスのデメリット

自分で仕事を見つけにいく必要がある

・社会的信頼が低い

・ツール費用など雑費は全て自己負担

・保証が少ない

自由度の反面、責任はより重くなります。

最近ではフリーランスでも保証精度が充実しているので、法律上困ることはありませんが、引越しやローン申請が通りづらい傾向にあります。

しかし仕事を取る環境は充実してるので、中には未経験から突然フリーランスになる人も。

在宅イラストレーターになりやすくするためには?

正社員かフリーランスかを決めたら、より合格しやすくするための準備をしましょう。

実務経験者は経歴書を充実させること

イラストレーターの経験があるなら、実績や経験を経歴書に盛り込むのが有効な手段です。

具体的には、以下のような記述があると合格率が上がります。

【経歴書に盛り込むと良い内容】

・使ったことのあるツール

・一連の業務の中で、具体的にどのフローに携わったか

・クライアントと連絡や会議の経験があれば全面的に推す

・公開されている作品があるなら参照先を載せる

・売り上げに貢献したなら、できるだけ具体的な数値

などなど、とにかく具体的に盛り込み、今あなたは何ができるのかを知ってもらいましょう。

新卒・未経験者はポートフォリオを作ること

新卒や未経験者は、今まで作った作品学校での実績を全面的に推していきましょう。

「ポートフォリオがなくても在宅イラストレーターになれるか?」

という問いの回答は、NOです。

正社員でもフリーランスでも同じことが言えますが、

基礎知識すらついてるかわからない人を雇いたいとは思いません

なんでもいいのでポートフォリオを作成しましょう。

【ポートフォリオ例】

・男性、女性、モンスターなど、バリエーション豊かなイラスト

・ドット絵やロゴなど、突起した技術を見せるイラスト

・背景に特化したイラスト

・アニメ調な可愛いイラスト

共通して言えることですが、量が多い方が良いです。

対応できる幅が広いことを伝えられれば、合格率は格段に上がります。

実際に求人を探す

準備が整ったら実際に応募してみましょう。

ただ前提知識として、在宅の求人は数が少ないということを頭に入れておいてください。

正社員採用を探す場合

よくある求人サイトでも探せますが、転職に特化したエージェントサイトを利用した方が合格率はさらに上がります。

第二新卒や中退、未経験ならエージェントネオ。

エージェントネオはこちらから登録できます。

在宅で探してる趣旨を伝えれば対応してくれるでしょう。

利用は無料なので安心してください。
(企業側から報酬を取るシステムなので、通常の求人サイトと同じ感じです)

新卒の方は良いエージェントがあるのですが、リンクが取得できないので少々お待ちください・・・。

業務委託採用を探す場合

フリーランスの方は雇用形態が「業務委託」という形になります。

そのため、求人サイトで仕事を探すときは業務委託にチェックしましょう。

おすすめのサイトは「クラウドワークス」や「ランサーズ」といった、いわゆるクラウドソーシングサイトです。

単発案件から長期案件まで幅広く、自分の好みの案件に応募することができます。

しかし

競争率が高いとなかなか仕事が決まらない

という問題があるので、最初は長期案件に焦点をあてて狙っていくと良いでしょう。

クライアントに気に入ってもらえたら長期的に依頼をもらうことも可能で、交渉次第では給与を安定させることもできます。

自信がない人へ

未経験の方だと特に、自信がなくて悩みますよね。

自信がないなら、実績を作ることに特化すると良いでしょう。

「未経験なのに実績むりじゃね?」

って思うのも無理ありませんが、自分でイラストを販売できる画期的なサービスがあります。

ココナラで自分のイラストを販売

ココナラ

CMでも話題となったココナラですが、そのサービスは非常に画期的なものとなっています。

それは、

技術を販売したい個人 と 個人に依頼したい発注者

がWin-Winになれるサービスだからです。

ココナラで自分の販売実績を作ることができるとメリットはたくさんあります。

【ココナラに出品するメリット】

自分の魅力を最大限生かしてイラストを販売できる

・販売実績ができることで、就活や案件獲得に生かせる

・シンプルに稼げる

・ヒットすればココナラだけで月30万以上稼ぐことも

誰でも簡単に出品できるのもまた魅力なので、趣味や副業がてらに始めて見るのもアリですね。

こちらからココナラに出品できます

在宅イラストレーターになるためのまとめ

それではまとめです。

【在宅イラストレーターになるための方法】

①必要なものと環境を用意
  ・そこそこのスペックのパソコン
  ・ペンタブレット
  ・通話会議や通話面接用のヘッドセット
  ・安定したインターネット回線

②正社員かフリーランスかを決める
  ・安定性重視なら正社員
  ・自由度と給与重視ならフリーランス

③合格しやすくする準備をする
  ・実務経験者は経歴書をもりだくさんに書く
  ・新卒と未経験はポートフォリオをできるだけたくさん作る

④求人を探す
  ・正社員は求人サイトかエージェントサービスを利用
  ・フリーランスは業務委託案件やクラウドソーシングサイトを利用

⑤実績や自信が欲しいならココナラで自分のイラストを出品
  ・実績作りながらお金も稼げる

以上の手順を踏めば高い確率で在宅イラストレーターになることができます。

未経験でもポートフォリオさえあれば余裕で転職できるので、ぜひ自信を持って挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました